無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30
〜グクside〜
今日はホソギヒョンがお見舞いに来てくれる日
俺に会いに来る人って久しぶりすぎるからなんか嬉しい…笑
嬉しかったのが顔に出てたみたいで、あなたにホソギヒョンが来ることを言った
そしたら
あなたってば俺じゃなくてホソギヒョンの事を好きになりそうな勢いでホソギヒョンについて聞いてくる。
あなた…
ホソギヒョンはかっこいいけど
俺から離れるなよ?
そう思った矢先ホソギヒョンが来たら照れ出すあなた
分かりやす
俺のあなただから…
ヒョン手出さないでね?
俺は無意識にヒョンを睨んでしまった
ホソク
ホソク
ところでジョングガ
グク
グク
何ですか?ヒョン
ホソク
ホソク
体調は大丈夫?
グク
グク
まぁそれなりに頑張ってますよ
ホソク
ホソク
…そっか
グク
グク
ちょ、ヒョン笑何悲しんでるんですか笑
ホソク
ホソク
え!?笑そんな顔してた?
グク
グク
はい笑いつものヒョンじゃなかったですよ笑
多分、今月は家族みんながお見舞いに来るんだろうな…笑
ホソギヒョンってば、ダンスの先生してるのに早退してきたらしいもん笑
家族みんな俺のこと好きすぎかって笑
俺はあなたがいてくれるから大丈夫なんだけどな笑
グク
グク
ヒョン、仕事に戻ったらどうですか?笑
ホソク
ホソク
やだやだやだ!
ホソク
ホソク
少しでもジョングガを見てたいんだ!!
グク
グク
俺は明日でも明後日でもいるのに笑
ホソク
ホソク
そうだけど…さ…
ヒョン
お願いだから
悲しい顔しないで?
俺は全然悲しくないから
ヒョン、すぐ顔に出ちゃうから焦るよ、笑
グク
グク
ヒョン、ちょっと売店行きません?
ホソク
ホソク
あ、うん!行く!
グク
グク
じゃああなた、ちょっと行ってくるね
you
you
あ!うん!行ってらっしゃい!
ホソク
ホソク
あなたちゃん、ごめんね!少しジョングガ借りま〜す!笑
you
you
どうぞどうぞ!笑
ホソク
ホソク
じゃあ、行ってきま〜す!
こうして俺とヒョンは売店へ向かった