無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17
〜グクの手術の日〜
you
you
グク、頑張ってね
グク
グク
うん。頑張る
グク
グク
じゃあ、行ってきます
you
you
…うん
"スタッスタツ"
グクがベッドへ向かう
you
you
…グク…
グク
グク
ん?
you
you
やっぱり行って欲しくない…。寂しいよ…
グク
グク
あなた…
グク
グク
そんなに俺の事心配してくれてるの?
you
you
当たり前でしょ…
グク
グク
やっぱりあなたは優しいな
you
you
グクにだけだよ。
グク
グク
ほんと?
グク
グク
寂しいのは俺も同じだよ。
グク
グク
でも、俺手術しないと死ぬかもしれないよ?
you
you
…それはだめ…
グク
グク
じゃあ、少しの間だけ待っててくれる?
you
you
分かった…
"ナデナデ"
グク
グク
ん、いい子
you
you
私そんなに赤ちゃんじゃない。
グク
グク
あれ?そうだっけ?笑
you
you
バカにしないでよー!笑
グク
グク
ふはっ笑
グク
グク
やっぱり笑ってるあなたの方がいいよ
グク
グク
その笑顔のままで俺を待っててくれる?
you
you
…グクが…そうして欲しいなら…
グク
グク
じゃあ、お願い
you
you
分かった
you
you
行ってらっしゃい
グク
グク
行ってきます
こうしてグクは手術室へ向かった
you
you
…!
you
you
あれ…?
机の上に紙が置いてある…
この字は…
you
you
グク…?
"俺が無事に手術室からこの部屋に戻ってきて、目が覚めたらさ、あなたに伝えたいことがあるんだ。
それは何かって?それは…まだ、秘密。笑
だから、俺が帰ってくるまで待っててね。
グク"
you
you
気になるじゃん…
早く帰ってきてね。グク。
"フラッ…"
you
you
おっ…と…
私の心臓は、どんどん悪くなるばかり。
私の心臓…
どうかお願いです。
グクの話を聞くまで…
どうか頑張ってください…。