無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26
キスをしたあの日から数日後。
私は先生の部屋に呼ばれた。
何事だろう…
医者
医者
あなたさん
you
you
は、はい
医者
医者
ついに、ドナーが見つかりました
you
you
えっ…?
you
you
私の…ドナー…?
医者
医者
血液や色々とあなたさんに合う方でして、今回あなたさんに提供したいと言ってくれた方がいらっしゃって。
you
you
ちなみにお名前は…何ですか?
医者
医者
…お名前は言わないで欲しいとの事なので言えませんが…
you
you
そうですか…
私のために…
大切な命を…
私にくれようとしてる人がいるなんて…
医者
医者
手術は1ヶ月後くらいに行います
you
you
…はい
喜んでいい事のはずなのに…
なぜか喜べない…
you
you
手紙、書いてもいいですか?
医者
医者
はい。大丈夫ですよ。
医者
医者
でしたら、書けたら私に言ってください
you
you
はい
この気持ち…どうしたらいいの…?
こんな時はグクに相談するしかない…