無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31
〜グクside〜
売店でヒョンはお茶、俺はコーラを買って椅子に座った
グク
グク
ホソギヒョン、さっきから顔に出すぎです
ホソク
ホソク
え…?ご、ごめん…
グク
グク
そんなに悲しそうな顔しないでくださいよ笑
グク
グク
俺まで悲しくなる…笑
ホソク
ホソク
…でも
グク
グク
俺はまだ生きてます
ホソク
ホソク
…そうだけどさ…
ホソク
ホソク
でも…ジョングガ…
ホソク
ホソク
本当にいいの?
グク
グク
…はい
ホソク
ホソク
本当に?
なぜ俺達はあなたのいる部屋から出ていったのかちゃんと理由がある
グク
グク
俺が決めたことです
ホソク
ホソク
でもまだ可能性は…
グク
グク
この間言ったじゃないですか
ホソク
ホソク
…え?
グク
グク
もう一度手術をしたとしても治る確率は5%だって
ホソク
ホソク
…そ、そうだけど…
ホソク
ホソク
でも、まだ5%は確率残ってるんだよ…?
グク
グク
たったの5%ですよ
グク
グク
俺にはもう無理です
ホソク
ホソク
ジョングガ…
グク
グク
だったら最後にあなたの力になりたい
グク
グク
ヒョンが俺の太陽のような存在であるように俺もヒョンみたいにあなたの太陽みたいな存在になりたいんです
グク
グク
小さい頃からあなたは病気と戦ってて、外に出て色んな場所に出かけることが出来ないんですよ?
グク
グク
俺はそれなりに楽しんできた。お母さんの美味しいご飯もお腹いっぱい食べてきたし、友達ともそこそこ遊んだ。勉強も頑張ってきた
グク
グク
彼女って言うものは人見知りの俺には無理だってずっと思ってたけど、病院に来てあなたっていう愛しい人に出会えた
グク
グク
だから…だから俺は…
ホソク
ホソク
"あなたちゃんに臓器提供をする"
ホソク
ホソク
…だよね?
グク
グク
はい
そう、俺はまた病気にかかった
それはこの間倒れた時に言われた
体のどこかにまた腫瘍がある可能性が高いって
あなたに内緒でこっそり検査してもらったら頭にまた腫瘍が見つかった
それも、今回は手術が難しいやつだって
頭の奥底に腫瘍があったらしくて失敗する可能性が90%以上もあるらしい
手術で失敗されて死ぬなら、あなたに臓器提供をしたい
そう思ったんだ
だから俺は最後の人生を楽しんでいる
あなたといれるだけで幸せ
なのにホソギヒョンってば、顔に出すから
あなたにバレるかと思ったわ…
ホソク
ホソク
グガが…決めたことだもんね…
ホソク
ホソク
もう、俺には止められないもんな…笑