無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
you
you
はぁ…はぁ…
グク
グク
大丈夫?
you
you
…うん!大丈夫
やっぱり走るの慣れないな…苦笑
グク
グク
ここからはゆっくり歩こう
you
you
ありがと…!
グクって、優しいよね
私を気にかけてくれて…
グク
グク
今日も1時間だけにしよう
you
you
分かった!
私達の体調のことを考えて、外に出る時間は1時間だけってグクが決めてくれたの
you
you
ねぇ!グク!
グク
グク
ん?
you
you
あのうさぎのぬいぐるみ可愛い!!
グク
グク
どれどれ?
you
you
あの右のやつ!
グク
グク
あー!あれか!
グク
グク
よし!取ってあげる!
you
you
え!?ほんと!?
you
you
でもこれ、取れなさそう…
グク
グク
1回だけやってみよう
普通の人なら絶対取れない
取れない…
はずなのに…
"ボトンッ"
グク
グク
やった!!取れた!!
1回だけで取れてしまうのがチョン・ジョングク←
you
you
わ〜!!すごい!笑
you
you
さすがグクだね
グク
グク
へへっ笑
グク
グク
ほいっ、あげる
you
you
え!いいの?
グク
グク
あなたのために取ったのに…笑
グク
グク
いらないなら俺がもらう
you
you
やだ!もうこのうさぎちゃんのぬいぐるみは私のものです
グク
グク
何それ笑
you
you
私のだからね〜だ!
you
you
ありがとね!グク!
グク
グク
いえいえ笑
その後、
私達は色々見て回った
私が初めて小さいぬいぐるみを取ったり、グクがたくさんお菓子を取ったり…
すっごく楽しめた
この小さなぬいぐるみ…ユリさんにあげたいなぁ。
初めて私が1人で取ったんだよって言いたいんだけど…
でも、外に行ってるのバレちゃうからあげれない…
悲しいなぁ…
気づけばもう少しで1時間が経つ
そろそろ…
病院に戻らなくちゃ…
グク
グク
そろそろ、帰ろうか
私達はプリクラコーナーの近くを通って出口へ向かおうとした。