無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45
〜グクside〜
あなたが手術室に行った
ユリ
ユリ
ジョングクさん…
グク
グク
僕も、もう行かなきゃですね
"バタバタバタッ"
ホソク
ホソク
ジョングガ!!
お母さん
お母さん
ジョングク!
お父さん
お父さん
ジョングク!
グク
グク
お母さん、お父さん
グク
グク
ホソギヒョン
ホソク
ホソク
間に合って良かった…
お母さん
お母さん
ジョングク…
お母さん
お母さん
お父さんとお母さんの所に産まれてきてくれてありがとう
グク
グク
楽しい人生だったよ
グク
グク
やっぱりお母さんのご飯が1番美味しかったな
グク
グク
またいつか、食べさせてね
お母さん
お母さん
もちろんよ
お父さん
お父さん
…お前も大きくなったな
グク
グク
そりゃあ、高2になったもん笑
グク
グク
大きくなるよ笑
"ギューッ"
ホソク
ホソク
ジョングガぁぁ泣
グク
グク
ヒョ、ヒョン苦しい…笑
グク
グク
あなたの温もり消えるんで離れてください笑
ホソク
ホソク
最後くらい良いじゃんかぁ泣
"ギュッ"
グク
グク
…大好きだよ、ホソギヒョン
ホソク
ホソク
ジョングガ…
グク
グク
世界で1番大好きな俺のヒョンです
グク
グク
俺は死ぬわけじゃないですからね?
グク
グク
今日から俺はあなたの心臓として生きてくんです
ホソク
ホソク
そうだね
ホソク
ホソク
ジョングガはこれからも生きてる
グク
グク
さよなら、俺の大好きな家族
お母さん
お母さん
大好きよ、ジョングク
お父さん
お父さん
(*^^*)
ホソク
ホソク
ジョングガ…!!大好き!!
グク
グク
じゃあ、行ってきます
さよなら、あなたと出会った病院
さよなら、あなたと眠ったベッド
グク
グク
さよなら、ユリさん
ユリ
ユリ
ジョングクさん…
ユリ
ユリ
あなたさんの元へ行きましょうか
ユリさんと話すのも楽しかったな
グク
グク
はい
さよなら、世界
そして
これからよろしくな
あなた
楽しかったあなたとの日々
もっと過ごしたかったあなたとの時間
もっと見つめたかったあなたの瞳
あなたに真実を伝えてあげなかったのが心残りと言えば心残りだけど…
でも、あなたはきっと気づいてくれるはず
あなたと交わしたキスの味
忘れないよ
俺は死ぬわけじゃないよ?
あなたの元へ行くだけだから
だから悲しまないでね
グク
グク
(*^^*)
最後に
スマホのフォルダにあるあなたの顔を見る
グク
グク
やっぱり可愛い笑
俺ってほんとあなたに一途だよな笑
グク
グク
幸せをくれてありがとね。あなた
こうして俺はベッドに乗り、あなたの元へ向かった