無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
〜次の日〜
you
you
んっ…\(*´Q`*)/~o○◯
今日はいつもより早く起きれたな…
時計を見ると朝の7時
ユリさんの話によると、私のベッドの隣に来るらしい
カーテン開けながらお話とか…
できるようになるかな…?
ユリ
ユリ
おはようございます!あなたさん!
you
you
あ、ユリさん!おはようございます
ユリ
ユリ
新しい患者さんが今日の8時にここに来るみたいですよ!
you
you
8時…
あと1時間か…
you
you
もう少しだ…
ユリ
ユリ
それまでゆっくり休んでてくださいね!
you
you
は〜い笑
休むって…
寝ることしか出来ないけどな…笑
"ズキ…ン…っ"
you
you
………っっ!
you
you
……っはぁ、
ここ最近…
胸の辺りが痛くなることが多くなってきたな…
先生に言うべき…なのかなこれ…?
少しだけ…
ほんの少しだけ寝よう…
新しい患者さんが見える方側のカーテンを開けっ放しにしていることを忘れて
そのまま私は眠ってしまった。