無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

痴漢
…電車…
ガタンゴトンッ
陽菜
陽菜
はぁ…
私は今日から電車通学になった…歩きは少し遠いから
陽菜
陽菜
(どこも座れないなぁ…仕方ない立ってよ)
すると
スッ
陽菜
陽菜
?(なんか今誰かにお尻触られたような…気のせいだよね…)
気のせいだと思ったけど
スッ
陽菜
陽菜
(気のせいじゃない…触られてる)
陽菜
陽菜
あの…すみません…やめて下さい…
何のことかな?
陽菜
陽菜
えっ…でもんっ…
陽菜
陽菜
(嫌だ…触られてるよ…)
抵抗しようとしたら
パシッ
陽菜
陽菜
んっ!
口は塞がれて両手首を掴まれた
陽菜
陽菜
(しまった…ドア側に私はいるしこっちのドアはしばらく開かない…どうしよう)
君可愛いね…
陽菜
陽菜
えっ
ぐちゅ
陽菜
陽菜
んっ!
ぐちゅぐちゅ
陽菜
陽菜
んっはぁい…やぁ
エロすぎだね〜もっとやってあげる
するとスピードを速めてきた
陽菜
陽菜
(嫌だよ…こんなの…もう限界)
陽菜
陽菜
んっ!
ぶしゃー
陽菜
陽菜
はぁはぁはぁ
じゃあそろそろ挿れるね
陽菜
陽菜
!?い…や…
大丈夫すぐに気持ちよくするからね
陽菜
陽菜
(もう…駄目だ…)
私は涙を流した…すると
ドカッ!!
うっ…
ドサッ
陽菜
陽菜
えっ…
陽菜!!大丈夫か!!
陽菜
陽菜
どうして…皆んなが
シュガ
シュガ
良かった…無事で
ジミン
ジミン
こいつ警察に渡してくる
シュガ
シュガ
わかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hina٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
Hina٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
BTS日本デビュー5周年おめでとう!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る