無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

344
2020/10/19

第12話

👾🎮
wato side

あの後俺らはすぐに飛行機に乗り、
バステンさんの地元、愛知へと向かった。
wato
うぉぉぉ!!
ばり高い!!
アイク
まあ、飛行機だから‪w‪w
よっぴー
(うるさいっ!!‪w‪w)
wato
(はいっ!静かにします!‪w)
とも
llllll(-ω-;)llllll
アイク
ともさん‪w
大丈夫ですか?‪w
とも
(そっとしておいて…)
アイク
‪w‪w
なーんてことが
再び起こり、ついに愛知に到着。

その時にはもうすっかり日は暮れていた。


空港の食処で待つとバステンさんから
連絡があったから

そこへ向かうことになった。
wato
バステンさんどこっ!?
よっぴー
一旦落ち着けいっ!‪w
wato
あいあいさぁー!‪w
とも
あ、バステンさんいたっ!
とも
おぉーい(」°ロ°)」
アイク
ともさん完全復活‪w
とも
ん?なんか言った?
アイク
いえ、何も‪w
無事バステンさんを見つけ出し、
俺らはバステンさんの家へと向かった。


運転はよっぴーさんで、
俺は助手席にいた。


道中何があったのかはしらん。
だって、寝とったもん。
wato
( ̄□ヾ)ファ~
ん…おはよ
バステン(敦夫)
まだ朝じゃないですよ〜‪w
wato
朝じゃなくても
起きたらおはようやろ
バステン(敦夫)
えぇ?‪w
俺らがバステンさんの家に着いたのは
10時頃。


やること?
んなの決まってるやん



スマ○ラよスマ○ラ
とも
よし
スマ○ラやるか
よっぴー
やろやろ‪w
wato
俺ドンキーコング使うぅー‪w
アイク
何故に‪w
その日は日にちをまたいでゲーム大会をした。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
みなさぁぁん!
作者
またアンケートとります
作者
行って欲しい場所
食べて欲しい物などあれば
教えてください
作者
愛知のこと知らない
私が悪いんだけど‪ね
作者
手羽先と名古屋城しか
知らないもので……。。
作者
そして、今日からテスト期間なので
小説更新ストップor🐢なります
(もともと遅かったとかイワナイデ)
作者
ちょくちょくかいてく…かも?
ま、よろしく