無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

336
2020/10/12

第11話

☏♪
そして、4人が合流するころには
西の空が茜色に染まっていた。
とも
さてと!
どうするー?
よっぴー
どうするー?って?
とも
今後の予定!
アイク
ともさんの家とか?‪w‪
とも
アイクさん???
wato
それ良いっちゃね!!
とも
おいっ!!‪w
なんて盛りあがっていると、
ともさんのスマホがなった。
よっぴー
ともさんなってる
とも
へ?あ、電話か
プルルル…プルルル…
とも
📞はいもしもし
バステン(敦夫)
📞あーどうもー
とも
📞バッちゃん!‪w
wato
バステンさんやと!?
とも
うん
バステンさんが旅に参加したいという
内容だった。
アイク
バステンさんっち行きます??
wato
行っちゃう??
とも
📞バステンさんっち行ってもいい?
バステン(敦夫)
📞え、良いですけど‪w
すると、watoさんがともさんに
スマホをよこせと目で合図した。


そしてともさんのスマホがwatoさんの手に渡ると…
wato
📞じゃあ今から向かうけん!!
待っとってーーー!!!
バステン(敦夫)
📞鼓膜破れるから‪w
バステン(敦夫)
📞わかりました、待ってます
こうして彼ら4人はバステンさんの家に
向かうことになったのだった____