無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

560
2020/07/30

第3話

👸🏼🌺🌸
なんで来ないんだろう
約束の時間を30分過ぎても、40分過ぎても

彼が来ることは無かった。


その彼というのは私と友達のソーラの共通の友達。
3人で一緒にいるうちに、

えっと、そのぉ………………





彼のこと好き、になっちゃって///


で、その彼が来ないもんだから

私はソーラにL○NEをした。
あなた
「約束の時間過ぎてるのに来ない」
ソーラ
「あー!今日デートだったわね」
ソーラ
「連絡とってみれば?」
あなた
「うん、そうしてみる」

私は彼に電話をかけた。

すると、

忘れてた、と言われた。



「…じゃあ今日は無しで。」




今にも溢れ出しそうな涙をこらえ、
それだけ伝えると、ブチッと電話を切り、
家へ向かって走り出した。


そして家に着くと、泣きながらソーラに電話した。
心配してか、ソーラは家に来てくれた。

そして


「私に任せて!」


そう言った。


何をするつもりなんだろて……


任せてって……?
次の日
ソーラ
ともさん!
そう、私の彼。
とも
なんだ、ソーラか
とも
おはよ
彼は何にも気づいていないようで、

いつもの笑顔で挨拶をかえした。
ソーラ
なんだ、じゃないのよ
ソーラ
昨日あなたに何したか覚えてるの?
とも
え?えっと……
とも
約束を…忘れていました……。
ソーラ
すごい泣いてたのよ?
彼女を泣かせるなんてサイテー
そこまで言わなくても…………


でもその一言が彼には効き目があったみたいで
とも
そうか…………
とも
俺、サイテーだな
ソーラ
ほら、謝りなさい(^^*)
とも
あなた
とも
……ごめんっ!
あなた
今度は忘れないでよね?
とも
今度……?ってことは
あなた
うん!またどっか行こっ!
そう言うと一気に顔が明るくなった。


わっかりやすいなー
あなた
って言うか、ソーラ怖っ!‪w
ソーラ
そおぉ?‪w
とも
そーだよ‪w‪w
ソーラ
ともさん?(ギロ
とも
ヒェッ!す、すみませんでしたぁ!
2人と仲良くなれてよかった。



改めてそう思った

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
リクエストありがとうございました!
作者
想像と違ったらごめんなさい。
作者
ネタ切れ作者でござる
作者
誰かリクエストくれぇぇい!