無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

390
2020/09/20

第10話

💗💭
wato
デートみたいやね‪w
アイク
デ、デートなんてそんな!!!
wato
アイクさん声でかっ!‪w
周りを見渡すとみんな自分の方を見ていた。
アイク
あ……///
wato
よぉし、
イルカショー見に行くぞぉ〜!
watoさんはさっきの自分よりも
大きな声でそう言った。


きっとわざと自分に注目を集めて
俺を助けてくれたんだろうな…

優しいもんな、watoさんは。
wato
ほらほら行くよアイク!
アイク
ア、アイク!?
呼び捨てなんだけど!?

とか思ってる暇もなくwatoさんに手を引かれ
イルカショーの行われる場合へと向かった。



そして、席に着いたとき……
アイク
あの……
wato
ん?どしたん?
アイク
手
wato
………ん?何て?
アイク
手、離して下さい
そう、さっきからずっと手を握られている。

席に着いたのにも関わらず、
離そうとする素振りは何も見せないのだ。
wato
嫌だね
アイク
え、何で?
wato
だって今日はデートやもん
アイク
………………え?
wato
アイクさんと2人きりの
デートやもん………
そう言って下を向くwatoさんは
子供みたいでなんだか可愛らしかった。
アイク
何言ってるんですか
wato
…へ?
アイク
別に手を繋ぐのが嫌なわけじゃなくて
アイク
お弁当食べられないから……
wato
……あ
そう、さっき買ったお弁当を食べようと思ったら
手を握られてるから食べれないっていう
それだけの事。
wato
お弁当食べるぞーー!
アイク
急にテンションが‪w
watoさんのは沖縄そば弁当

自分のはパイン弁当


watoさんはよくこれをお弁当にできたなぁ
なんて言いながら目を輝かせている。
wato
お、アイクさんはパイナポーやん
アイク
…………
wato
アイクさん?
アイク
嫌です、さん付け。
wato
え、あぁ。
wato
アイク___
これでいいと?
弁当箱の中のパインを1つ摘んだ。
アイク
食べます??
wato
食べるっ!
watoさんはお箸ごと受け取ろうとしたが
そんな行動をよそに俺はwatoさんの口へと
パインを放り込んだ。
wato
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
wato
美味っ!
wato
急にあーんとかやめろよぉ‪w
いや、あーんとかそんな恥ずかしいこと
よく人前で言えるな

俺は周りに人が居ないことを確認してからwatoさんの耳元でこうささやいた。
アイク
今日のデート
楽しみましょうね











その頃、ともよぴ班はというと………
とも
苦っ!!
よっぴー
それ、何食べてるんスか?
とも
え、ゴーヤチャンプルー
よっぴー
苦そ…
とも
だから苦いって言ってるじゃん‪w
よっぴー
あとで俺のやつわけてあげるんで
それで口直しでもしてくださいよ
とも
やったーー!
とも
で、鳥ちゃんは何を頼んだの?
よっぴー
黒毛和牛のステーキっス。
とも
ギャーーー!
それ、払うの俺なんだけど!!
よっぴー
まあいいじゃないっすか
とも
うぇぇん……
よっぴー
‪w‪w‪w
なぁんて、こちらも
仲良くしておりましたとさ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
最近更新してなくてごめんなさいっ!