無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

¨
荷物を出したりして

ぼーっとしながら時計を見ると

あっという間に8:16になっていた


あなた (ご飯…あるのかな…)



🐹 何お前、来たの?

🐰 お前の分の飯なんてない


白いテーブルの上にはお皿が7つ

やっぱり、と思いつつ部屋に帰ろうとしたら

ばしゃっという音と共に私に冷たい水がかかってきた


🐣 ふ、ざまぁ

🔨 ゴミなんか早く消えろよ

🐭 床濡れたんだけど
ちゃんと拭けよ?


今すぐここから逃げ出したくて

自分の部屋に走って戻った


もういやだ