無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

¨
ピンポーン…


上行きのボタンを押してから早々

エレベーターが着いた


とっくに出勤時刻は過ぎているから

みんな帰ったのだろう



1人で入るには広い空間に足を踏み入れ

5階のボタンを押して

隅に寄ってただ外の景色を眺めていた