無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

¨
それから3日後

ダンス練習の日

でも私は同じ空間に1人ぽつんと居るだけで

誰も教えてくれない

だから分からないところだらけで

練習が終わってからホソクさんに声をかけてみることにした


マネオンニ みんな~
帰る準備して~

💣 はーい

あなた あの、ホソクさ…

🐴 …


バタン


あなた あ…

マネオンニ あなた!帰るよ!

あなた えっと…わかんないところあるから
まだ練習してていい?

マネオンニ んー、わかった
後で迎えに来るね

あなた あ、いい!
1人で歩いて帰りたい!!

マネオンニ そ、そう?
なら気をつけて帰ってきてね?

あなた うん、ありがとう



バタン





あなた …はぁ、





来週はライブ…か、