無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

番外編:文化祭
莉犬
莉犬
文化祭か~
あなた
あなた
どんななのかな?
ころん
ころん
楽しみだね~
るぅと
るぅと
もう始まりますね!
ななもり。
ななもり。
テス、テス、マイクテス…
ななもり。
ななもり。
『これから、苺高校』
ななもり。
ななもり。
『文化祭を始めます。』
ななもり。
ななもり。
『全校、起立。』
ななもり。
ななもり。
『礼。』
ななもり。
ななもり。
『着席。』
あなた
あなた
なーくん、大丈夫そうだね!
あなた
あなた
あれ?皆?
ななもり。
ななもり。
『オープニングを飾るのは…』
ななもり。
ななもり。
『コイツらだ~!!』
ころん
ころん
『ころんと~!』
さとみ
さとみ
『さとみと~!』
ななもり。
ななもり。
『ななもりと~!』
ジェル
ジェル
『ジェルと~!』
るぅと
るぅと
『るぅとと~!』
莉犬
莉犬
『莉犬で~す!』
ななもり。
ななもり。
『せーの!』
すとぷり
すとぷり
『すとぷりで~す!』
すとぷり
すとぷり
『Foooooo!』
生徒
え?!ウソ!!
生徒
やっばぁ!!
雛
皆、言って良かったのかな?
あなた
あなた
へ~!
あなた
あなた
すごい人気!
ジェル
ジェル
『皆、元気か~?!』
生徒
元気~!!
さとみ
さとみ
『文化祭、始まるぜ~!!』
生徒
Foooooo!
ころん
ころん
『よっしゃ!じゃあ…』
るぅと
るぅと
『せーので開幕宣言です!』
莉犬
莉犬
『皆、いくよ~!』
ななもり。
ななもり。
『せーの!』
すとぷり
すとぷり
『文化祭、スタート~!!』
ーーーーーー
ジェル
ジェル
お!おった、おった!
莉犬
莉犬
おーい!あなた~!
あなた
あなた
ジェルくん!莉犬くん!
あなた
あなた
他の皆は?
莉犬
莉犬
なーくんとさとみくんは仕事!
ジェル
ジェル
ころんとるぅとは知らん。
あなた
あなた
ええ?それで良いの?
莉犬
莉犬
二人でまわってるんじゃない?
ジェル
ジェル
それより!
ジェりーぬ
俺と一緒にまわろう!
莉犬
莉犬
え?
ジェル
ジェル
え?
あなた
あなた
え?
莉犬
莉犬
ジェル、ちょっと。
莉犬
莉犬
どういうつもりだよ!
ジェル
ジェル
それはこっちのセリフや!
あなた
あなた
あ!ねぇねぇ!
あなた
あなた
三人でまわろうよ!
あなた
あなた
その方が楽しいし!
ジェりーぬ
へ?
あなた
あなた
あなた
あなた
…ダメ、かなぁ?(上目遣い)
莉犬
莉犬
(くっ…)
ジェル
ジェル
(反則やろ…)
ジェりーぬ
…全然いいよ。
あなた
あなた
ほんと?やった!
あなた
あなた
じゃあ、行こ!二人共。
ーーーーーー
さとみ
さとみ
『只今より、昼休憩に入ります。』
ファンの子達に追われて体育倉庫に隠れてる
莉犬
莉犬
あ~…やっと昼休憩…
あなた
あなた
大変そうだったね~
莉犬
莉犬
体育倉庫って意外と開いてるんだね。
あなた
あなた
そうだね~
あなた
あなた
そういえば、何で皆に言ったの?
あなた
あなた
こうなること、分かってたでしょ?
莉犬
莉犬
なーくんとさとみくんが
来年から大学生だからさ。
莉犬
莉犬
最後にどうせなら言っちゃおうって
あなた
あなた
なるほど
莉犬
莉犬
…あのさ。
あなた
あなた
何?
莉犬
莉犬
誰とまわるか決める時に、
莉犬
莉犬
何で俺だけ・・を選んでくれなかったの?
あなた
あなた
え?
あなた
あなた
何でって…多い方が楽しくない?
莉犬
莉犬
…俺は楽しくない。
あなた
あなた
そうなの?
莉犬
莉犬
うん
あなた
あなた
何で?
莉犬
莉犬
…それは…
ジェル
ジェル
おーい、買って来たで~
あなた
あなた
お!ありがとう、ジェルくん!
莉犬
莉犬
…俺ちょっとトイレ行ってくる
ジェル
ジェル
見つかんなよ。
莉犬
莉犬
分かってる
莉犬出てく
ジェル
ジェル
…なあ、あなた
あなた
あなた
何?
ジェル
ジェル
誰とまわるか決める時に、
ジェル
ジェル
何で俺だけ・・を選んでくれんかったん?
あなた
あなた
あなた
あなた
クス
ジェル
ジェル
…何?何で笑ったん?
あなた
あなた
いや、莉犬くんと同じ事言うから…
あなた
あなた
ふふっ。やっぱり仲良しなんだね~
ジェル
ジェル
…そうかな?
あなた
あなた
うん
ジェル
ジェル
…なあ
ジェル
ジェル
俺以外の男の話、聞きたくない
ジェル
ジェル
って言ったら、笑う?
あなた
あなた
え…ちょっと引く
ジェル
ジェル
=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
ジェル
ジェル
じゃ、じゃあ、莉犬が言ったら?
あなた
あなた
んー…やっぱり、ちょっと引く。
ジェル
ジェル
…誰が言っても?
あなた
あなた
うん
ジェル
ジェル
…そっか。
莉犬
莉犬
ん?何の話してたの?
ジェル
ジェル
いや、別に?
あなた
あなた
莉犬くんも帰って来たし、食べよっか
ーーーーーー
莉犬
莉犬
…なあ、ジェル。
ジェル
ジェル
何?
莉犬
莉犬
何でお前があなた背負ってるんだっけ
ジェル
ジェル
あなたが寝てもうたからやろ。
莉犬
莉犬
そうじゃなくて…
莉犬
莉犬
何で俺じゃなくて、ジェルなんだっけ
ジェル
ジェル
俺の方が力あるから。
莉犬
莉犬
ちっ
ジェル
ジェル
…なあ、莉犬。
莉犬
莉犬
何?
ジェル
ジェル
あなたって、鈍感すぎんか?
莉犬
莉犬
…わかる
莉犬
莉犬
…まあ、でも
莉犬
莉犬
俺は、負ける気はないけどね
ジェル
ジェル
俺も、負ける気はないで
さとみ
さとみ
『これで、苺高校』
さとみ
さとみ
『文化祭を終了します。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都。
京都。
ハイ、ということで。
京都。
京都。
まあ、俺、文化祭とか
分からないんですけどね
京都。
京都。
るぅころ推しの方
京都。
京都。
ななさと推しの方
京都。
京都。
ほんとにごめんなさい。
京都。
京都。
では、おつ京。