無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

最終話
莉犬
莉犬
あなた早く~!
あなた
あなた
ま、待ってぇ~
ジェル
ジェル
ほらほら、急がんと遅刻やで!
ころん
ころん
やっべぇ~!!
さとみ
さとみ
うおぉぉ!急げぇぇ!
ーーーーーー
ななもり。
ななもり。
遅刻ギリギリだね。
るぅと
るぅと
皆、遅いですよ?
莉犬
莉犬
いや~あなたがなかなか起きなくて…
あなた
あなた
だ、だって久しぶりなんだもん!
ジェル
ジェル
まあ、本調子も出んか。
ころん
ころん
しかし、なーくん。
さとみ
さとみ
本当に松葉づえで学校に行くとは!
ななもり。
ななもり。
まあ、いいじゃん?生徒会長、俺だし
るぅと
るぅと
先生にも言ってますからね!
あなた
あなた
それで良いのか悪いのか…
莉犬
莉犬
だね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都。
京都。
ハイ、「どういうこと?」って
顔してる、そこの読者!
京都。
京都。
説明するために時間を戻します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
莉犬
莉犬
あなた…
ジェル
ジェル
ヴーッヴーッ
ジェル
ジェル
…もしもし?
ななもり。
ななもり。
『ジェルくん、すぐに病院に来て!』
ななもり。
ななもり。
『莉犬くんも一緒に!』
ジェル
ジェル
病院?
ななもり。
ななもり。
『早く!』
ジェル
ジェル
わかった。
ジェル
ジェル
莉犬!
莉犬
莉犬
…何?
ジェル
ジェル
早よ病院に行くで!
ジェル
ジェル
なーくんが呼びよる!
莉犬
莉犬
…は?
莉犬
莉犬
…ソレ、繋がってんの?
ジェル
ジェル
あ、ああ。
莉犬
莉犬
替わって。
ジェル
ジェル
おう
莉犬
莉犬
…なーくん?
ななもり。
ななもり。
『莉犬くん?』
ななもり。
ななもり。
『今すぐジェルくんと病院に…』
莉犬
莉犬
なーくんは知ってたの?
莉犬
莉犬
こうなることを、なーくんは…
ななもり。
ななもり。
『…うん。知ってた。』
莉犬
莉犬
…何で、教えてくれなかったの?
ななもり。
ななもり。
『とにかく今すぐ病院に…』
莉犬
莉犬
なんのために?!
莉犬
莉犬
あなたの死ぬ瞬間を見ろっての?!
ジェル
ジェル
莉犬、落ち着け…
莉犬
莉犬
何でお前は落ち着いてられんだよ?!
ジェル
ジェル
落ち着いとるわけないやろ!!!
ジェル
ジェル
…とにかく、なーくんが言いよるんや
ジェル
ジェル
絶対、なんかはある。
ジェル
ジェル
…ほら、行くで?
莉犬
莉犬
…うん。
ーーーーーー
あなた
あなた
ん…
あなた
あなた
…え?…ここ、は?
ジェル
ジェル
あなた!
あなた
あなた
…ジェル、くん?!
莉犬
莉犬
良かった!目ぇ覚めたんだ!
あなた
あなた
…えっと?
ジェル
ジェル
ねぇ、なーくん。どういうこと?
ななもり。
ななもり。
多分だけど、俺らが
昏睡状態のあなたに
会いに行ったから…
ジェル
ジェル
リンクが繋がってたってこと?
ななもり。
ななもり。
うん
莉犬
莉犬
なんでも良い。あなたが…
また、あなたに会えただけで…
あなた
あなた
…あのー
あなた
あなた
あなた達は、誰?
ーーーーーー
昏睡状態だったあなたは
目を覚ますと記憶を失っていた
俺達と過ごした時間だけ。
莉犬
莉犬
(それでも、良いんだ。)
莉犬
莉犬
(生きてさえいれば。)
一応、
あなたがこの二年間、眠ってた事は教えたけど、
やっぱりピンと来てなかった。
ただ、一つだけ、夢を見てたって言ってた。
あなた
あなた
夢を見てたんだ。
あなた
あなた
賑やかな六人と一緒に
あなた
あなた
笑いあったり、いっぱい話をしたり
あなた
あなた
楽しかったな~
あなた
あなた
あの六人は誰だったんだろ?
あなた
あなた
あなた達に似てたけど、
あなた
あなた
まさかねww 
って
あなたは、生徒会が先生に懇願こんがんした結果、
『転校』という形でこの学校に入った。
身寄りの居なかったあなたは、
俺達のシェアハウスに入った。
今は、なーくんとさとみくんに勉強を
教えてもらいながら
俺達と一緒に学校に通ってる
ジェルとの勝負は続いてるけど…
莉犬
莉犬
(負けたくないね)
莉犬
莉犬
あなた!
あなた
あなた
何?
莉犬
莉犬
俺!あなたの事、大好きだよ!
























fin.