無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
653
2018/11/21

第1話

>>1 白濱亜嵐
私は、彼氏の亜嵐に隠してたことがあった

そう、浮気したこと。
それを今から頑張って言うところです
あなた

ねぇ、亜嵐くん

白濱亜嵐
ん?
あなた

あ、あのね…

白濱亜嵐
どうした?(笑)
あなた

お、怒らないでね?

白濱亜嵐
とりあえず…言って?
あなた

う、うん。
浮気したの…元カレと

白濱亜嵐
え?いつ?
あなた

亜嵐くんの誕生日の日

白濱亜嵐
だから、誕生日会参加しなかったの?
あなた

ち、違うの!

白濱亜嵐
っ…?
あなた

涼太くんの家行こうとしてた時に連絡が来たの…元カレから

白濱亜嵐
う、うん
あなた

開くと、より戻したい…あなたしか居ないんだよ!!来てくれないと俺死ぬからって書かれてたの。

白濱亜嵐
………
あなた

それでやばいと思って、急いで亜嵐くんに電話して元カレの家に行ったんだけど騙されてたの。
それで、朝まで……

白濱亜嵐
っ……
あなた

ごめんなさい

白濱亜嵐
俺、怒ってると思う?
あなた

う、うん

白濱亜嵐
ばーか、怒ってないよニコッ!
あなた

え?

白濱亜嵐
ホントは、怒ると思うけど…
俺は、愛しすぎてるから怒れない(笑)
あなた

うぇぇぇーん

白濱亜嵐
泣くなよー(笑)
あなた

もう二度と浮気しません!

白濱亜嵐
はいはい、泣き止んでよ。
可愛い顔が台無しだぞ!
あなた

はぃぃぃ‐!!

白濱亜嵐
ははっ(笑)