無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

510
2018/11/21

第3話

>>3 小森隼
小森隼
あなた〜あなた〜
あなた

はーくん、どうしたの?

小森隼
大好きだよー(投げキッス)
あなた

よっ(避ける)

小森隼
あーなんで避けた!!
あなた

えへっ!

小森隼
えへっじゃないわ!
あなた

ちゅっ(投げキッス)

小森隼
きゅんっ////
あなた

ふふっ笑

小森隼
バカップルすぎるね(笑)
あなた

確かに(笑)、でもそれでもいいよ?

小森隼
俺もー!
あなた

もーう擽ったい!

小森隼
えーいいじゃん!
あなた

ダメですぅー!

小森隼
ケチー!
あなた

もう、ハンバーグ食べさせないよ?

小森隼
嫌です!
あなた

はい、座る

小森隼
ほーい、あっ、しんちゃん借りてきたからさ食べながら見よ?
あなた

やった!見よ見よニコッ!

はーくんに掛けてもらい早速観る。

なんか分かんないんだけどはーくんに似ててさ(笑)

これを絶対言ったら怒るから言わなーい
小森隼
はははっ笑
あなた

しんちゃん面白すぎ(笑)

小森隼
ねぇ、アーンして?
あなた

はい、アーンと見せかけてパクッ!

小森隼
ガーン…
あなた

ははっ笑

小森隼
笑うな…悪女
あなた

ひっどーい!

小森隼
へっ笑
あなた

もうしんちゃん観るから片付けよろしく笑

小森隼
はい……
この後、家事させました(笑)