第69話

リクエスト*事故床ドン(?)〈小林〉
1,235
2022/09/26 12:24

あなた
...眠い

本当に。
最近ずっと仕事続きで寝れてない...とりあえず早く家のベッドに...



そう思いながら事務所内をフラフラと歩いていると、曲がり角で誰かとぶつかった。

あなた
ぶへっ

俺がフラフラしてたのと、ぶつかってきた人が結構なスピードだったこともあり、俺はそのまま床に倒れてしまった。



俺の顔の横にある腕を辿り顔を上にあげると__

小林 幸真
小林 幸真
お〜、あなた

ニヤニヤしながらこちらを見ている小林を発見した。



......待て



待てこれどういう状況????



俺の顔の横に小林の手がある=絶賛小林に床ドンされ中







......フフフ。



動揺すると思ったであろう諸君!!!!



だが俺はこの程度のアクシデントでは冷静さを保ォつ!!!!((



俺はある仮説を立てた...それは「もしかしたら小林は人を押し倒し慣れている説」だ。(?)



いや普通人押し倒したら動揺するじゃん??でもにこにこしてるってことは...








小峠とかを押し倒してるってことでしょ!!!!(?)



もうこれだけで尊いからっっ



俺は動じねぇんだよフハハハハ!!()


あなた
すみません小林の兄貴、怪我ないですか?
小林 幸真
小林 幸真
...

俺が顔を上げながら言うと、小林が突然顔を近づける。



顔がいい!!(n回目)

小林 幸真
小林 幸真
オマエ、顔赤いの気づいてないの?
あなた
えっ、...

小林はそう小声で言った後、手の甲を俺の頬に当てスリ...と撫でる。

あなた
ぅ、あ...

な、なんだこれ...?!
どういう状況?!



きっと真っ赤になったであろう俺の顔をじっと見つめ、フッと笑ったかと思えば次の瞬間には俺の額に唇を寄せていた。

あなた
(うわぁぁぁああ!!!)

なんっっだこれ!!
何してんの?!ちゅう?!ちゅうか!!!!←←



何してくれてんのホントに!!



パニックになっていると頭上から気配がする。

須永 陽咲也
須永 陽咲也
...
須永 陽咲也
須永 陽咲也
親っさぁん!組員が事務所でイチャイチャしてますぅ!
あなた
須永の兄貴?!?!?!
須永 陽咲也
須永 陽咲也
そういえば今日の星占いは8位!少し不運!
あなた
いやぁぁぁあ!!誤解ですううう!!

俺の叫びも虚しく去っていく須永。



な、なんか誤解されたよね絶対...!!
大分まずいぞこれ!!

あなた
こっ、小林の兄貴!!お願いします離れてください!

そう言うと小林はゆっくりと起き上がり立った。



俺の自ずと立ち上がる。

あなた
す、すみませんでした!!

俺は土下座する勢いで頭を下げる。

小林 幸真
小林 幸真
お〜、今日は須永が来たからやめてやったけど
小林 幸真
小林 幸真
次は我慢しねーからなぁ

そう言って小林は下げている俺の頭に手を乗せ、後ろ手を振りながら去っていった。







あなた
...我慢って、なんだよそれ...


俺は赤くなった顔を隠す様に、早足で事務所を出ていった。



END



ほんっっっとにキャラ崩壊
すみませんでした(土下座)

リクエストありがとうございました!
小峠編はまた後日書かせて頂きます🙌

プリ小説オーディオドラマ