前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
239
2019/02/10 13:38
なまえ
なまえ
やっと着いた…!!
私はどこにでもいる大学生
なまえ
なまえ
ここまで来るのも大変だった…
でも来週のライブのために頑張ろ!
私はネットで活動しているすとろべりーぷりんすというグループが好きでずっと応援している

最近はすとぷりの人気がかなり上がってきていて
ライブの倍率もかなり高かった

当たらないだろうと思いつつも応募した私は
なんと当選したのだ!

しかし、田舎に住んでいた私は親の反対があり今まではライブに行ったりすることが出来なかった

都会にはあまり来たことがなく
近くに出かけるにも一苦労…
なまえ
なまえ
今年からはひとり暮らし!
存分に推し事ができるっっ
両親はとても私を大事にしてくれていて
特に父は私から見てもかなり過保護だった

母の協力もあり今年からは東京でひとり暮らし
なまえ
なまえ
お父さん達には感謝してるけど
もう私も大学生だし
そんなに心配しなくてもいいのに…
そんなことを思っていたとき男の人たちに声をかけられた
モブ男A
君かわいいねー
今暇?
ちょっと遊びに行かない?
なまえ
なまえ
えっ…!?あのっ…
なまえ
なまえ
(何このアニメでよく見る誘い文句…!)
なまえ
なまえ
私用事があるので…
モブ男A
えー?そんな事言わないでさー
ちょっとでいいから!ちょっとで!
そう言いながらその人は私の腕をグイグイ引っ張っていった
なまえ
なまえ
えっ!?あの!!
なまえ
なまえ
(このままじゃ連れていかれちゃう…!!)
そう思った瞬間

誰かが声をかけてきた
すいません
その人僕の連れなんですけど
なまえ
なまえ
え?
モブ男A
えっ、あぁ、そうなんすか…
そう言って男の人達は逃げていった
?
君、大丈夫?
なまえ
なまえ
あっ、はい!
助けて頂いてありがとうございます!
?
全然大丈夫だよ
そういいながらその人はニッコリ笑った
なまえ
なまえ
(かっこいい人だなぁ…それにしても声がすごくるぅとくんっぽい…)
おーい!早く行くぞー!
?
あっはーい!
ごめんね。僕人を待たせてるから行くね。
また誰かに絡まれないようにね
なまえ
なまえ
はい!本当にありがとうございました!
そう言ってその人はお店の中に入っていった

プリ小説オーディオドラマ