無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

479
2021/07/12

第9話

あなた
は…?


さ、サイテー…?

あなた
な、何を言ってるんだ!僕はこんなこと…
あい
自分の罪も認めないの?

後ろから聞こえてきた声…――――白谷の声。


罪…認めない?罪も…罪も何も。


ガッ!


僕は気づけば、白谷に掴み掛っていた。
あなた
っざけるな!これは…お前の…合成だろ?!
もぶくん
合成じゃないしー
もぶ子
黒那、頭平気ー?w
あなた
…ッ!


今の野次馬の声で確信した。


そっか…こいつら全員、白谷側なんだ。


朔夜も、葉月も…!


…これ以上の反論はよそう。聞いてくれる耳も持たないはずだ。

あなた
サイテー…もういい、皆なんて…!

僕は白谷を落とし、教室から出た。

あい
嫌わ,れちゃったね…黒那ちゃん♪















去り際、そんな声が白谷から聞こえたような気がした…――――――――