無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

480
2021/07/19

第12話

10
みずき
にしても…どうします?白谷さんはとてもいい子と評判ですし…


茜が心配そうに聞いてくる。

あなた
ど…どうしろと?
みずき
誤解を解くんです。でも、あの方相手じゃそう簡単には行きそうにないですし…


確かに…普段からいい子ぶってるあいつには、皆からしたらあいつが正義なのだろう。


本当は、あいつが悪の塊なのに。


となると…より一層僕は悪人扱いされる、という訳か。

こじょう
まーな。…あれ?そういや瑞希、お前確か情報収集系は得意じゃなかったか?


萩が、ぽつりと呟く。


…え。

あなた
そ、そうなのか?!

問うと、彼女はニコッと笑った。

みずき
ええ(´▽`)ごめんなさい…今まで黙ってて
あなた
いや、いいんだ…

茜が謝る意味はない。それを言ってしまえば、僕だって同じことをしているのだから。

あなた
じゃぁ…白谷について。お願いできるか…?
みずき
はい!任せてください。


彼女は顔を輝かせ、ポケットからスマホを取り出し、情報収集を開始した。

こじょう
お、俺は何すりゃいいんだ…?
あなた
萩には…そのうち活躍してもらう。…まぁ、僕…今日は帰るな
みずき
はいっ
こじょう
おう
そう告げ、僕は教室を後にした。



























スクロールお疲れ様です。
次回、次の日に教室に行けば...