無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

469
2021/07/28

第13話

11
あなた
…っ

僕は早退して今…家にいる。


茜と萩は、本当にいい人だ…


僕のことを信用してくれて…何より僕に協力もしてくれる。


でも…


朔夜と葉月は僕を裏切った。


だから…クラスメイトの様に、平気で僕を傷つけてくるんだろうな…


とても悲しかった。


僕は…ほんの少しだけ、彼らを信用しているから。


今日は気が動転していただけで…明日になればいつものように挨拶をしてくれるはずだ。


そう思ったけど…それは僕の妄想に過ぎない。


実際、彼らは奴の味方なのだ。


となると…明日からいじめが始まる…?


―――――――それでも、いい。


僕には茜と萩っていう仲間がいるんだ。


そう、決して一人ぼっちではないから。


ここでくじけちゃだめだ。


僕だって…戦うんだ…!