無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

464
2021/09/03

第16話

14
こじょう
…見てたぞ


ドアを閉め、フゥ、と溜息をつくと、廊下に立っていた萩に話しかけられる。

あなた
そうなのか?


見てたのかよ。だったら助けてくれたっていいじゃないか。

こじょう
ああ、すごいなお前。仲間を躊躇なく傷つけるなんて…
あなた
…別に


躊躇なく仲間を傷つけるのは…相手のほうが酷いと思うが。


こじょう
でも、今日は落書きだったんだろ?今後、気を付けろよ。エスカレートするかもしれねぇ

彼は真剣な顔をして、そう言った。

こじょう
ああ…奴とは中学が同じだったんだが、お前と同じ方法ではめられたやつが何人かいてな。それで…日に日に手口が悪化していくんだ。…あいつはただの天使なんかじゃねぇ。

”堕天使”だ

堕天使…。


確かに皆は天使と慕うが、あれは堕天使のほうが合っているかもしれないな。
あなた
そうか…茜はどうしてる?
こじょう
あー、まだやってるぞ。なんかあいつについて…
その、はめられたやつとかのブログとかに結構書いてあるみたいで…
まとまらないらしい
あなた
…そっか。ありがとな。…僕、今日は授業に出るつもりだが…


昨日は朝イチで早退してしまったからな…いじ.めに耐え抜くだけためとはいえ、成績のほうも危うい。

こじょう
おう、頑張れ
あなた
…頑張る

僕は、教室に戻った。