無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

340
2021/09/21

第17話

15
ガラッ…





―――――ヒュンッ!

あなた

ドアを開けると…いきなり、何かが飛んできた。


カツーン…


それはドアに当たり、床に落ちた。


僕を襲 った物は何なのか。気になり、落ちたものを拾い上げてみると…――――

あなた
カッター…?


刃が出た状態の、カッターだった。

もぶくん
あっれー、当たんなかったんだー。てかまた来たん?www

顔を上げると…――――白谷の取り巻き(男子)がいた。


当たってなかったもなにも…万一、これが僕に当たってたらどうするつもりだったのだろう。

あなた
何の真似だ。当たってたらどうするつもりだったんだ


問うと…そいつは、激怒した。

もぶくん
は?別にいーし。あいさんは手首だったんだぞ?!お前に当たったって安いもんだろっ


怒りマークが目に見える。


当たってもどうでもいいということは、 僕<奴ということか。

あなた
…へぇ、そうなのか

そうやって奴を守っているつもりなのか?


滑稽な付添い人。


そいつはな、悪魔なんだよ?そんなやつを必死になって守ろうとするなんて…実に、滑稽だよ。


まぁそんなことは無論、教えてやらない。教えたって意味を成さないからだ。

もぶくん
そーだよ。…ほら、皆もやれよ!

その男子の合図で皆…白谷以外がいろいろと投げつけてくる。


鋏。カッター。シャーペン。鉄アレイ…って、鉄アレイ、飛行距離が足りないだろ!


ツッコミを入れている間に、僕は悲しい光景を目にした。


その中に、遙と神崎も交じっていたのだ…