無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

486
2021/06/28

第6話

あなた
…で、用事とは何だ?白谷


僕は彼女について行って…―――――――屋上に連れてこられた。


しばらくすると…白谷の足が止まる。

あい
ねぇ、黒那ちゃんてさ、神崎くんと付き合っているんだよね?
あなた
ん?まぁ…それがどうかしたのか?
あい
私さ…好きだったんだよね。神崎くんのこと


…え。


僕はとても驚いた。


まぁ確かに朔夜はモテるって聞いたけど…まさかこの子までもが好きだなんて。
あい
でも…彼は黒那ちゃんのこと好きみたいでさ。なかなか振り向いてもらえないの。
  そんで、考えたんだ…だったら、奪っちゃえばいいんだ
あなた
は…?

奪う?…え?


僕から朔夜を…?

あなた
な、何言ってるんだ。朔夜は渡さないぞ

確かにあんな奴だが…僕は朔夜が好きなんだ。


すると…白谷はクスッと笑った。




















あい
だよねぇ。だと思った。だけど…大丈夫だよ。もう仕掛けは準備してあるから