無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

107
2020/08/13

第2話

2.胸騒ぎ
メイクを落とす作業が終わり、
すっぴんになった彼ら。


つんつん、と背中をつつかれて
振り返ると、
ユンギ
ユンギ
あなた、ちょっと話がある
あなた

ん??

ユンギは私と同い年。

だからお互いタメ口で話すような
仲なんだけど、



ユンギが眉を寄せて真剣な表情だった
から、


なんとなく胸騒ぎがした。
ユンギ
ユンギ
グイッ((あなたの腕引く
来い
あなた

わ、なに??



腕を引かれて連れてこられたのは
隣の空き部屋の楽屋。


入れ、と言われたので
おずおず楽屋に入るあなた。
あなた

どうしたの?

ユンギ
ユンギ
.....それが、
ジョングギのことなんだが



グクのこと??
ユンギは険しい表情のまま話を続けた。
ユンギ
ユンギ
....最近おかしいんだ
少し物忘れが多くなったっていうか
ユンギ
ユンギ
この前も、俺とヤンコチ食いに
行く約束すっかり忘れてて...
うーん、
でもそれってただのド忘れなんじゃ..
あなた

ただ忘れてただけじゃない?

そう言うと、は??とでも言うような
呆れた顔をするユンギ。
ユンギ
ユンギ
あの、ジョングギだぞ。
ヤンコチ強火ガチ勢の、
あのジョングギだぞ??
ユンギ
ユンギ
「え??ヒョン今日ヤンコチ食べる
約束してましたっけ?」って...
どう考えてもおかしい( ¯-¯ )
あなた

ㅋㅋㅋㅋ
じゃあヤンコチ飽きてきたんじゃない?

ユンギ
ユンギ
そんなことない(  '-' )
連れて行ってやったらざっと30本以上
1人で食ってた( '-' )
あなた

えぇぇ

ユンギ
ユンギ
昨日の公演なんか、
自分のマイクとジミナのマイク
間違えてたし....
あなた

えっ、
でもあれちゃんと色分けされてるのに

ユンギ
ユンギ
「黄色のマイクは僕のですよ」って。
あなた

何十回公演してきて
ずっと同じ色のマイク使ってるのに...

ユンギ
ユンギ
..やっぱおかしいよな
そういえばさっきホソクにも
振り付けの間違い言われてたな...





でも多分、大丈夫だよね。
きっとグク、公演で疲れてるんだ。
ユンギ
ユンギ
お前、ジョングギと仲良いから
このあと何かまたおかしなことが
あったら言ってほしい
ユンギ
ユンギ
きっと、公演が続いて
あいつも疲れてるだけだとも思うが
あなた

わかった、

楽屋に戻ろうと空き部屋の
ドアを開けると、





グク
グク
....なにしてたんですか?
(^_^)
廊下に怖いくらい笑顔の
グクがいた。
あなた

なにって...

グク
グク
なんでユンギヒョンといるんですか?
ユンギ
ユンギ
ただ明後日の公演のメイクについて
話してただけだ
あなた

う、うん

グク
グク
ふーん..そうでしたか。
あなたヌナ、行きましょう
グイ((強引に腕引く
あなた

うわっ、ちょ、腕痛いって!

そんなことお構い無しに私の腕を
引っ張ってズンズン廊下を歩いてく。







なんか、グク、怒ってる?