無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
116
2020/08/13

第1話

1.違和感
あなた

あっ!グク!

グク
グク
あなたヌナぁ~!!
メイク落としの道具を整理していると、


公演が終わり、疲れてるはずなのに
楽屋に入って私を見つけた
途端、笑顔で駆け寄ってくるグク。


メイク担当とアイドルという関係。

私はアイドルの彼に恋をしている。
グク
グク
ヌナぁ僕のソロ見ましたっ??
あなた

モニターで見てたよ~笑

グク
グク
どうでしたっ!?ドキドキ
きらびやかな衣装に包まれて
ステージで一生懸命踊り綺麗な美声で
歌っていた。

そんなの
かっこよかったに決まってるじゃん。


でも言うの恥ずかしいなぁ・・笑
グク
グク
あなたヌナ?
気付いた時には、すごく近い距離で
グクが私をじっと見つめていた。
あなた

っ//
グク近い//

グク
グク
・・・ヌナ可愛い((ボソッ
あなた

えっ

グク
グク
あっ//つい、
その、何でもないです、、
いいい、今の何!?
聞き間違いじゃなければ可愛いって
言われた!?



心臓が速く波打つ。
俯いたグクの白い頬が真っ赤になっている。





これって、、、期待してもいいんだよね?
グク
グク
・・ヌナ、このあt
グクがそう言いかけた瞬間、
ジミン
ジミン
ジョングガぁぁああ!
ギューッ
グク
グク
うぐっ
じ、ジミニヒョンっ!?
ジミン
ジミン
お疲れぇぇ(*⌒▽⌒*)
(((頭撫で撫で
グク
グク
っ、ヒョン離れてください
せっかくあなたヌナに、、、
ジミン
ジミン
((((゜д゜;))))
ソクジン
ソクジン
やージョングガまた反抗期?(・ω・)
グク
グク
ヒョンは黙っててください( ・_・)
ソクジン
ソクジン
ねぇヒョン泣くよ(・ω・)
あなた

笑笑笑
ほんと仲良いね笑

あなた

それでグク、なに言おうとしたの?

グク
グク
あ、その
このあと、、空いてますか?///
さらに頬を赤らめて上目づかいで
聞いてくるグク。
可愛いな((((

このあとは特に予定はないはずだ。
あなた

空いてるよ!

グク
グク
ほ、ほんとですかっ!?
やったぁぁあ(≧∀≦)
ホソク
ホソク
JK~喜んでるとこ悪いんだけど
なんか今日、お前振り付け間違ってたよ
グク
グク
えっ?どこですか?
ホソク
ホソク
ここ、((踊ってみせる
お前が振り付け間違えることめったに
ないのにね
グク
グク
・・そういえばその時
一瞬頭が真っ白になって、、
ホソク
ホソク
あ~まぁ次間違えないように
すればいいんだよ(*´▽`*)
グク
グク
・・気をつけますね
ふにゃっと力なく笑ったグク。
その表情にどことなく言いようのない
違和感を感じたのは私だけなのかな。