無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

初めての告白
放課後の教室
私以外、誰も居ない。

何でここにいるかと言うと…
瞬太
瞬太
放課後、話がある
今朝、クラスメイトの瞬太シュンタ
そう言われたから。
瞬太とは、幼馴染だけど
ここ数年会話らしい会話をしてない。

多分思春期や色々あったからだと思う。

そんな瞬太に教室で待っていろ
とか言われて混乱している。
……教室で
ボーッと待ち始めて
30分経過…

…え?いや、ちょっと待って?
忘れられてないよね?
それともからかわれた?
なんて考えていたら
瞬太
瞬太
悪い…
待たせた…よな
息を切らしながら
教室に入ってきた。
あなた

うん
結構待ったよ。

瞬太
瞬太
陽太ヨウタの事で
呼び出されて…
その名前にドキリとする。

陽太とは、瞬太の双子の兄(と言っても二卵性らしいから似てない)で幼馴染

そして、私の片思いの相手
あなた

陽太くん
何かあったの?

瞬太
瞬太
いや…
ちょっと…
言いづらそうにしているけど
何かあったから
呼び出されたんだと思う。
瞬太
瞬太
……今は
陽太の事より
先に俺の用事済ませていいか?
そう言えば
そうだった。
何だろう?用事って?

何も思い当たることが無い。
あなた

良いよ。
何?

瞬太
瞬太
無言の時間が辛い
瞬太
瞬太
お前さ
あなた

な、何?

真っ直ぐ見つめられる。

と言っても、瞬太と私の身長差が
20cmくらいあるから
思いっきり見下されてるんだけど!
瞬太
瞬太
恋人とかいるのか?
あなた

こ…

あなた

恋人は居ないけど

瞬太
瞬太
好きなやつがいるのか
あなた

う、うん…

なんでこんな質問…
瞬太
瞬太
……それ
俺じゃないよな
あなた

瞬太
瞬太
違うよな
明らかに落ち込んでいる様子。
基本表情が読めないけど
何となく、そんな感じがする。
瞬太
瞬太
………………
無言の圧力
あなた

う、うん
ごめん

何故か謝る
瞬太
瞬太
あ、いや別に謝らなくていい
あなた

そ、それで用事って

瞬太
瞬太
…振られるって解ってるけど言う
瞬太は息を大きく吸う
瞬太
瞬太

あなたが好きだ
大きく息を吸い込んだ割に
そんなに大きくもない声で
でも、心にズシンと響くような声で
そう言われた
あなた

…………

何も言えない
いつから?
何で?
どういう事?

そんな言葉が頭の中で流れるけれど
声には出ない。
声が出ない。
瞬太
瞬太
でも、他に好きな奴がいるなら…
そう言いかけて
瞬太は、頭を振る
瞬太
瞬太
諦めようと思ったけど
やっぱり無理
私の目を見て
瞬太
瞬太
あなたが好きな奴より
俺を好きにさせてみせる
そう言った。

どういう事?
あなた

…そ
それより、陽太くんの事って?

話を変えてみる
瞬太
瞬太
あー
また、無言タイム??
瞬太
瞬太
陽太、大学推薦断ったから
説得して欲しいって
推薦…断った…?
瞬太
瞬太
ほら、アイツ
俺と比べて、頭いいし、運動神経もいいし…
自分で言って
どんどん落ち込んで行く
瞬太
瞬太
瞬太
人付き合いも上手いし…
あなた

いや、そこまでは聞いてない

瞬太
瞬太
とにかく
なんか有名な学校に
推薦で入学しないかって言ったら
笑顔で
陽太
陽太
すみません
僕、お断りします
瞬太
瞬太
って言った…
あなた

いつから居たのか
陽太本人が、私の目の前にいた
瞬太
瞬太
瞬太
瞬太
おま
瞬太
瞬太
いつから
陽太は、ニコリと微笑んで
陽太
陽太
僕の事話してる声がしたから
瞬太
瞬太
い、いつ
慌てている、瞬太
陽太の話…
瞬太が私に告白?する前にもしていたから
慌てているんだろうなと
思った
陽太
陽太
ついさっきだよ
推薦断ったって言う
瞬太
瞬太
瞬太
瞬太
瞬太
瞬太
そうか
心底安心した様子の瞬太
陽太
陽太
ところで
あなたちゃんと
二人で僕の進路の相談?
瞬太
瞬太
い、いや、ちが…
否定しかけて
瞬太
瞬太
瞬太
瞬太
そうなんだ
陽太
陽太
違うの?
明らかに
怪しい人だよ
瞬太
瞬太
瞬太
違わないと言うか
違うと言うか…
陽太
陽太
ハッキリしないなー
そう言って
笑う
陽太の笑顔にこっそりと
胸をときめかせていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

桜桃
桜桃
テニプリ、デレステ、エムマス、ミリシタ、とうらぶ、スタマイとか好き。BLは苦手。 作り直し。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る