無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3













放課後

















竜生「あなたっ!一緒かe…女子【深田くん!一緒帰ろ!】」





竜生「えぇ…」





あなた『ハハッー、一緒帰ってあげなー』





竜生「ちょ、あなた!待ってよ!」





女子【ねぇー!帰ろーよー!】





竜生「いや…」





女子【いいでしょ!】





竜生「ごめ〜ん!無理〜!ヒューン」





女子【待ってよー!】


















































竜生「ハァハァハァ…あなた…」





あなた『めっちゃ疲れてんじゃん』





竜生「逃げて…きた…ハァハァ」





あなた『モテるね』





竜生「フンッ( ・´ー・`)俺、カッコいいから」





あなた『ムカつくわー、その顔』





竜生「あなたは?モテるでしょ?」





あなた『いや、全然モテてないけど?』





竜生「嘘つくなー」





あなた『いやいや、嘘ついてないよ?
    告白されたこと無いもん』





竜生「え?嘘でしょ?」





あなた『マジで無いよ?』





竜生「冗談きついよ?」





あなた『本当にないよ?』





竜生「マジで!?」





あなた『うん』





竜生「はぁぁぁぁあああ!?嘘でしょ!」





あなた『本当だし!』





竜生「なんで!?」





あなた『こっちが聞きたい!』





私は彼氏いない歴=年齢ですよ! 


  


竜生「えぇ、、、あなたモテてるって思ったんだけどな」






あなた『モテてません』





竜生「そっかぁ」





あなた『深田ってさ、家どこ?』





竜生「深田じゃなくて、竜生!」





あなた『あー、ハイハイ。竜生家どこ?』





竜生「どこだと思う?ニヤ」 





なんで、ニヤニヤしてんの?
もしかして、私の家の隣とか?
ハハッ、そんなわけ無いか  





竜生「うん、あなたの家の隣だよ?(≧∀≦)」
 




あなた『はっ…』





竜生「声に出てたよ?笑」





あなた『嘘でしょ…え、でも、他の人住んでたよ?』





竜生「?その人俺が引っ越してくる前に、
   引っ越して行ったけど?」





あなた『あ、、、』





そうだった…
お隣さん引っ越したんだった…






あなた『忘れてた』





竜生「毎日あなたの家遊び行こーかな」





あなた『やめろ。てか、なんで隣が私の家って分かったの?』





竜生「名字書いてあったから」





あなた『あぁ、そっか。親と暮らすの?』





竜生「うん!あなたは?親と暮らしてるの?」





あなた『私は独り暮らし』





竜生「そうなの!?」





あなた『うん』





竜生「はじめて知った」





あなた『言ってなかったしね。てことで、バイバイ』





竜生「もう家着いちゃった、!」





あなた『じゃあね』





竜生「バイバーイ!」

























ハァー、疲れたー
歩きって足パンパンになるな
明日は自転車で行こうかな

お腹すいたけど、何もないぃ
あ、お弁当のパン余ってるや
それが夜ご飯でいいかなー


することないし
自分の部屋で寝てよっ






























ボフッ

あぁ、布団気持ちぃい









コンコンコン










あなた『え?』










音の出たほうを振り返ると…
























竜生「ヤッホー\(^o^)/」








 

 








ニコニコスマイルの竜生がいました。























あなた『うわっ!!バタン』








ビックリしすぎてベットから転げ落ちました。

それを見た竜生は、








竜生「ハハッwww」








爆笑してました。













あなた『ギロッ』









睨んだら  










竜生「開けて(口パク)」








って言ってきたので




手でバツ❌を作ると





紙を見せてきたので窓に近づいて読んでみると









“お母さんがご飯一緒に食べない?って言ってるよ〜”








竜生のお母さんが!?
 


竜生のお母さんのご飯めっちゃ美味しいんだよ!



これは、食べに行くしかない! 











ガラガラガラ










あなた『ん、』





竜生「お、ありがとヨイショ」






竜生の家の窓から私の部屋に入ってきた






あなた『誰も入っていいとは言ってない』





竜生「いいじゃん!それより!ご飯どうする?食べる?」





あなた『もちろん!行きますとも!』





竜生「言うと思ったぁー!行こ!」





あなた『うん!』






自分の部屋から、竜生の家に入る






あなた『お邪魔しまーす。ねぇ、ここって、竜生の部屋?』





竜生「うん!」





あなた『うわっ、マジか』





竜生「そんな顔しないでよ!」





あなた『隣が…竜生…』





竜生「え、なに!そんなに嫌われてんの!?俺」





あなた『スルーあ!竜生のお母さん!』





竜生「スルー?!」





深田お母さん「あらー!あなたちゃん!久しぶりねぇー!」





あなた『お久しぶりです!』





深田お母さん「大きくなったねぇ」





あなた『ありがとうございます!』





深田お母さん「あなたちゃんもご飯食べるんでしょうー?」





あなた『食べたいです!竜生のお母さんのご飯すごく好きです!』





深田お母さん「嬉しいわねー、ささっ!はやく食べましょ!」






あなた『はい!』





竜生「俺空気」




























あなた『わぁー!美味しそう!』





深田お母さん「ありがとう(≧∀≦)」




あなた『いただきまーす!』
 




竜生「いただきますー」





あなた『めっちゃおいしぃぃい!』





深田お母さん「ありがとう!沢山おかわりあるからね!」





あなた『はい!』





竜生「めっちゃ食うやんw」





あなた『いいじゃん!別に!』





竜生「カシャ📷」





あなた『今撮ったでしょ!』





竜生「撮ってない!撮ってない!w」





あなた『嘘つくな!スマホ見せろ!』





竜生「やだよ!」





あなた『何でだよ!』





竜生「何ででも!」





深田お母さん「仲いいわねぇニッコリ(⌒▽⌒)」































































あなた『じゃあ、またね』





竜生「うん!また食べに来なよ!」





あなた『いく!』





竜生「うん笑」





あなた『ばいばい』





竜生「バイバーイ」