無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

放課後の遊園地
廣中さんの依頼が来てから3週間。
あれから、依頼が1つも来てない。
坂田 万智
あー!退屈!
金木 時雨
⁉...いきなりどうしたのよ...
坂田 万智
依頼が来なくてすごく退屈。
金木 時雨
それは...分からなくもないわ。
時雨が誰かに共感するなんて珍しい...
金木 時雨
そ、それなら...
坂田 万智
ん?
金木 時雨
い、一緒に遊んであげてもいいわよ...
坂田 万智
えぇ⁉
今日の時雨、おかしい...!
いつもはそんなこと言わないのに...

何かの前兆...?この世界、破滅するんじゃない?
金木 時雨
失礼な‼破滅なんてしないわ!
坂田 万智
えっ⁉...口に出てた?
金木 時雨
えぇ。おもいっきり。
坂田 万智
ご、ごめんなさい...。
でも、時雨と遊びたい。
金木 時雨
えっ...
坂田 万智
時雨と遊びたい!
金木 時雨
...そ、そこまで言うんだったら
遊んであげてもいいわよ...!
坂田 万智
フフッ...じゃあ、遊ぼ!
可愛いなぁ。時雨。
俵 紗希
2人共、遊ぶのー?
金木 時雨
坂田 万智
金木 時雨
び、びっくりさせないでちょうだい!
俵 紗希
え~
金木 時雨
「え~」じゃない!
びっくりした...。
紗希って、急に現れるから心臓止まるんだよね...
俵 紗希
それよりさ!遊ぶの?2人!
坂田 万智
ま、まぁ...
俵 紗希
じゃあ、私も交ぜて!
坂田 万智
えっ...?
金木 時雨
あなたは誘ってないわ!
黙って図書委員の仕事しなさい!
萩野 蘭
いいじゃないか。
俺も交ぜておくれよ。
坂田 万智
ら、蘭⁉
金木 時雨
あなたも誘ってないわ!
俵 紗希
いーじゃん!
金木 時雨
よくないわ!
俵 紗希
あ!そーだ!
みんなで遊園地いこーよ!
坂田 万智
ゆ、遊園地...?
俵 紗希
うん!
萩野 蘭
いいねぇ。そうしようじゃないか。
金木 時雨
ゆ、遊園地...。悪くないわ...!
悪くないんだ...。だったら...
坂田 万智
だったらさ、図書委員会の皆で
行かない?遊園地。
金木 時雨
それはいい考えだわ!
萩野 蘭
じゃあ、あとの2人も
誘っちゃおうか。
俵 紗希
うん!
坂田 万智
結斗ー!陸ー!
2人は少しだけ遠くにいるから、大きな声で呼ぶ。
五十嵐 結斗
な、何...?
萩野 蘭
明日、皆で遊園地行かないかい?
五十嵐 結斗
ゆ、遊園地...?
坂田 万智
用事があるんだったら、いいけど...
五十嵐 結斗
な、ないよ...!
加賀谷 陸
俺も...
俵 紗希
じゃあ、決定!
坂田 万智
楽しみだね!時雨!
金木 時雨
えぇ!楽しみだわ!
時雨はそう言って、とても楽しそうな顔をする。
か、可愛い...!








─────────────────────────────────






翌日...
俵 紗希
着いたー!遊園地!
五十嵐 結斗
た、楽しみだね...!
金木 時雨
えぇ!で、でも私...
坂田 万智
金木 時雨
遊園地、初めて来たわ...
坂田 万智
えぇっ⁉
マジですか⁉遊園地といったら、
子供の頃の思い出に絶対出てくるやつなのに...
坂田 万智
じゃあ、おもいっきり遊ぼうね!
金木 時雨
えぇ!おもいっきり遊ぶわ!
萩野 蘭
じゃあ俺はチケット買いに
行ってくるよ。
五十嵐 結斗
えっ⁉お、お金は...?
萩野 蘭
ここ、学生無料だから。
五十嵐 結斗
そうなんだ...!ありがとう!
萩野 蘭
どういたしまして
そんな話をしていると、1人の男が私たちの横を
通りかかった。男は、全身黒の服でマスクと
サングラスをつけている。明らかに怪しい。
加賀谷 陸
万智、怪しい人がいる...
坂田 万智
うん。少し、警戒した方がいいかも...
加賀谷 陸
分かった...
萩野 蘭
おーい!チケット、買ってきたよ!
坂田 万智
早っ!
金木 時雨
じゃあ、行きましょ!
俵 紗希
オー!