プリ小説

第5話

主的にる組もありかなw5話ですww
...落ち着かない。
閉じ込められてる部屋に置いてあったベッドで気持ちを落ち着かせようとしたけど...ベッドがいい匂い過ぎて寝れない!!ぁぁぁぁあ!
洗剤何使ってるんだろ。てかなんでこんな事思ってるんだろ。
あなた

くんくん...

毛布に鼻を付けて嗅いでみたけど、よくわからんw
でもめっちゃいい匂いやー↑↑↑
あなた

ああー、スマホいじりたい。

スマホを返してくれ..

さっきの、さとみさんって人変な人だなー。
私がいいから私にした?何言ってんだw
出会ったこともない人にしたなんて、おかしなことだ。まったく。
カチッ...ガチャ
あなた

っ?

ドアが開かれると共にななもりさんが笑顔で入ってきた。
ななもり。
くつろいでくれてるね、良かった。
あなた

あ、いえ...

ななもり。
はいこれ、
あなた

え、

ななもりさんの手に持っていたのは、私のスマホだった。
なんで?預かっておくんじゃ...
あなた

連絡取られたらなんとかとか、言ってたじゃないですか。

ななもり。
そうなんだけどね、こちら側で連絡とか、助けを求めれそうなアプリとかは全て消しておいたんだ。
ななもり。
だから、スマホは返すよ!ちなみにWiFiも繋げておいたからね!
にこにこ笑顔で笑うななもりさん...。

えええ、えええええ...怖ぇえw
あなた

あ...りがとうございます( ̄▽ ̄;)

ななもり。
うん、お礼が言えるって事は君はいい子だ!
ななもり。
じゃ、またね!
と言ってななもりさんは部屋を出ていった。
あなた

...

呆然とする私はスマホに目を向けた。

画面を開くと、今までどうり、お母さんとお父さんが写ったロック画面で少し安心した。
ロック画面を解除してホーム画面を見てみたら...、ツイ〇ターやイン〇タグラム。その他LI〇Eなど、連絡やSNSは全て消されていた。
あなた

やっぱり...か

でも今まで撮ってきた写真やビデオはそのまま。これも少しの優しさなのかなw
ふふっと笑った私はベッドに入って今までの写真を見返した。
そして、いつの間にか寝ていた、










ジェル
おーい、起きてーや?
あなた

んんっ...

ジェル
ダメやーw
ジェル
莉犬ー?この子全然起きへんで、
莉犬
えー、ビンタしろよー
ジェル
できるわけないやろ?!
莉犬
www冗談だからねw
騒がしい声に目が覚めた。
あなた

っ、

莉犬
あ、起きた
ジェル
おっ、おはようさん
莉犬
その時間帯じゃねーけどなw
その人たちは、やっぱり黒のワイシャツに色の着いたネクタイをしていた。
あなた

おはようございます...

ジェル
夕飯できたから、みんなで食べよや?
あなた

...夕飯?!

スマホをばっと取って、時刻を見ると6時を回っていた。
一体私は何時間寝てたのだろうか...
莉犬
めっちゃ寝てたねーw
莉犬
よし、行こっか!
あなた

は、い?

行くってどこに?wてかみんなでってどゆこと?
謎だらけでその人たちについて行った。
ななもり。
おっ、起きたね!
るぅと
お久しぶりです!
ついて行った場所は、普通の家のようなリビングだった。
テーブルの上には豪華なご飯がたくさん乗っていて、とても美味しそうだ。
ギュルギュル...
あなた

あっ

ななもり。
お腹すいてたんだねw
さとみ
そいやー、昼飯食べてなかったもんね
あなた

ですね...

ななもり。
じゃ、今日ないっぱい食べちゃって!!
あなた

ありがとうございます...






あなた

(。・н・。)パクッ

あなた

美味しいです...ものすごく!

ななもり。
本当?うれしいなーw
さとみ
どうよ、俺の手料理は!上手いだろー!
さとみさんの一言に衝撃がはしる。
あなた

ええっ、さとみさんが作ったんですか?!

さとみ
ええってなんだ、ええって!
莉犬
www
ジェル
さとみの料理はほんま上手いからなーw
るぅと
そうですよー!
ころん
(*´・д`)-д-)))ソゥソゥ
なんか、ほっこりするな。
最初は殺されたり、暴力を受けたりするのかと思ってたけど、全然違う。
まるで家族のように接してくれている。
私の顔には笑みが出ていた。そして何故か涙も一緒に。
ななもり。
どうした?!大丈夫?!
ななもりさんが、慌ててティッシュで涙を拭いてくれる。
あなた

いやっ...グスッみんな優しいなって思って...

あなた

私っ、最初怖かったんです。ドラマで見た事のあるように、縛られたり、殴られたりするのかとずっっと思ってて...グスッ

あなた

でもみんな、普通に接してくれてグスッ嬉しかったです。

さとみ
なーに、泣いてんのw
ジェル
俺らはそんなことせえへんからな、大丈夫。
莉犬
うんうん!
るぅと
安心してください!
ころん
暴力なんかしないからw
ななもり。
そうだねw暴力はしないよw
みんなが私の背中をさすってくれた。











その夜、私は寝れなくて目がギンギンに開きまくりました。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まゆげ。@( ・᷄ὢ・᷅ )
まゆげ。@( ・᷄ὢ・᷅ )
フォロー必ず返します!!! それとそれと、よく聞かれるんですけど、わたくしの名前についている絵文字は、Simejiでまゆげって打ったら出てきます! 年齢⇒中学生か高校生のどっちか(((((年齢って何なんだろうね☆ フォロワーの確認として、時々フォロー外して順番にフォローしていく事があります。ごめんねぇぇえ。゚(゚^ω^゚)゚。 てか確認クソめんどi(((((ゔゔんっ!大変んだぁ♡←きしょ。 できるだけフォロワー外す時とかは、外します。とかでもいいので、一言かけて頂けたら嬉しいでございます...。嫌だったら全然普通に外しちゃってくださいね! 全体的に歌い手リスナー。←意味不 すとぷり⇒青いヤギさんと、ピンクの猫さん寄りの箱推しでござんす。 浦島坂田船⇒赤い吐息王子と、緑のたぬきさん寄りの箱推しでござんす。 腐っておるわよ。うん。歌い手大好き! そこら辺にいるただのヲタククソ学生です。暇潰しにパッと思い付いたこと書いてます! 夜中に書いて投稿するのが多いかもですw ファンマ>>>>( ・᷄ὢ・᷅ )←Simejiでまゆげって打ったら出てくるよー!! こんなんでいいかな!←誰一人着けねぇよ。 時々主のテンションおかしくなるので、気にしないでくださいwリクエストとかお待ちしてます! そしてプリ小説さん.......アプリにしてくれてありがとぉおおおおおおおございますっっっ!!! すごくすごーく愛用します!!✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る