無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3
確かに私はあの家が嫌いだ。

雑用係ずっと押し付けてきてまともに暮らさせてくれないし。


飯だって殆ど当主様の残飯、てかめっちゃ残飯。
禪院あなた
そうだけどさぁ…
禪院真希
禪院真希
んだよ未練でもあったか
禪院あなた
…まぁいいや…でもありがと、真希
禪院真希
禪院真希
いいってことよ
五条悟
五条悟
そろそろ喋らせてくれないかな?
禪院あなた
あ、さーせん
禪院真希
禪院真希
喋りたいことあんのかよ
五条悟
五条悟
え〜と
五条悟
五条悟
あなたってさ、伏黒家だよね本来なら
禪院あなた
そんなん分かってますよ
五条悟
五条悟
なんで抜け出さなかったわけ?
禪院あなた
生みの親に会いたかったけど結局死んで、お父さんだってアンタに殺されてるし…
ならもう適当に行きよっかなって思うようになって
禪院真希
禪院真希
…じゃあ今日から適当じゃなくて
禪院あなた
え?
禪院真希
禪院真希
超貴重に生きていこうな
禪院あなた
…うん
五条悟
五条悟
じゃ、御三家だからってゆー理由で学長に話つけとくね〜
禪院あなた
あざっす
禪院真希
禪院真希
お前も今日から2年生だな
禪院あなた
どんな人いんの?
禪院真希
禪院真希
呪骸と語彙おにぎり男
禪院あなた
あ〜やべぇ集まりって訳か
禪院真希
禪院真希
そういうことだ
禪院あなた
じゃあやべぇ仲間に入らせてもらいますわ
禪院真希
禪院真希
みっちり扱いてやんよ


.Next