無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
228
2021/09/12

第19話

No.20


『それに俺は、最初から先輩とって決めてたんで』



(なまえ)
あなた
………
(なまえ)
あなた
…っな!?!?


光の言ってることを理解するのに少し時間がかかった。



源光
源光
…あ、じゃ、じゃあ俺そろそろ行きますね


すると光は誤魔化すように出ていった。



🚪ガチャン__。



シーンと静まり返る浴室。



『それに俺は、最初から先輩とって決めてたんで』



さっき言われたことが脳裏で再生され、急に恥ずかしくなってくる。



あーもう!堂々とよくもあんなことを…!!


全く、恥ずかしいっていう概念はないのか…。



…このままじっと湯船に浸かっていても落ち着かない気がする。



気を紛らわすためにもう上がることにしよう。




**********


なんだかんだで長湯になっちゃったかも。


そんなことを思いながら、さっき光が持ってきてくれたタオルで体や髪を拭く。



そしてパジャマに着替える。



下着、ズボンを履いて、次にトップスを頭から被ったその時…



源光
源光
あー、あと先p…



目の前には光がいました。



(なまえ)
あなた
!?!?


確かに、トップスを頭から被ったときにはいなかった。



てことは、被って視界が見えなくなったときに入ってきたってことだよね。















…待てよ、ブラ見られたのでは?




NEXT▷▶︎