無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

406
2021/08/01

第7話

No.7


光と別れた私は自分の教室へと向かう。




その最中、光の兄である源輝に会った。




彼とは同じクラスで仲も良い。




源輝
源輝
あなた、ちょっと頼みたいことがあるんだけどいいかな?
(なまえ)
あなた
頼みたいこと?





輝から頼み事なんて良くあることだ。




源輝
源輝
実は、生徒会の書類をまとめたいんだけど、忙しくて出来そうにないんだ
(なまえ)
あなた
仕方ないなぁ~
(なまえ)
あなた
頼まれてあげよう!
源輝
源輝
ありがとう、助かるよ
(なまえ)
あなた
その代わりに今度ジュース奢ってよね
源輝
源輝
はいはい





やったね!ジュースゲットだぜ🍹




(なまえ)
あなた
で、その書類ってどのくらいあるの?
源輝
源輝
うーんと…600枚、くらいかな?





…え?




(なまえ)
あなた
それを私にやれと?
源輝
源輝
うん





まじかよ…。




源輝
源輝
よろしくね





そう言い残して輝はスタスタと歩いて行ってしまう。




(なまえ)
あなた
…はぁ~





今から気が重いや。










NEXT▷▶︎