無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

228
2021/09/04

第18話

No.19
源光
源光
食器はそこ置いといてください
(なまえ)
あなた
うん、ありがとね
源光
源光
いえいえ


ご飯を食べ終わった私たちは食器を運んだり、寝室の準備をしたりしていた。



すると、輝がやってきて、



源輝
源輝
あなた、先にお風呂いってきな


なんかお母さんみたい…(笑)



(なまえ)
あなた
うん、ありがと


私、結構お風呂長いけど大丈夫かな、?



********



服を脱ぎ、タオルを巻いて浴室に入る。



そして体や髪を洗って、湯船に浸かる。



10分ほど湯船に浸かってくつろいでいると…



源光
源光
せんぱーい


浴室のドアの外から光が呼びかけてきた。



(なまえ)
あなた
ど、どうしたの?
源光
源光
タオルここに置いときますねー


おそらく体を拭くタオルのことだろう。



(なまえ)
あなた
うん、ありがとう
源光
源光
それと…
(なまえ)
あなた
うん?


光は思い詰まったような声色で話し始めた。




源光
源光
さっきは、すみませんっした


私には何について謝っているのか全く分からなかった。


(なまえ)
あなた
ごめん、 なんのこと?
源光
源光
ご飯できたよのちゅー…のことっす
(なまえ)
あなた
あー


あのことか…。



ちゃんと気にしてくれてたんだ。



(なまえ)
あなた
別に気にすることないよ
源光
源光
…うす
源光
源光
そ、それと先輩…
(なまえ)
あなた
うん?
源光
源光
さっきのってファーストキス…すか?
(なまえ)
あなた
っは!?!


言われてみればそうだ…。



私のファーストキス相手は光ってことか、、。



なんでだろう…別に嫌じゃない。



源光
源光
もしそうだったら、尚更謝らなきゃいけないっす、、!!
源光
源光
先輩の記念すべき初めてのキスを俺が奪っちゃったんスから…


そんなこと思ってたんだ。



まあ私はそんなに気にしてないけどね。



(なまえ)
あなた
そこまで考えなくてもいいのに
(なまえ)
あなた
私は別に嫌じゃないし
源光
源光


え、今、私なんて…?


源光
源光
い、嫌じゃないって…!!?


私としたことがなんてことを…!!!



(なまえ)
あなた
あ、いや、違うからね!!?
(なまえ)
あなた
別にそーゆーんじゃないからね!!?
源光
源光
で、ですよね分かってるっスよ!!?
(なまえ)
あなた
うん、なら、良かった…うん、良かった


はぁ、焦った…。



(なまえ)
あなた
本当に分かってるんだよね!!?
源光
源光
も、もちろんっすよ!!?
(なまえ)
あなた
ならいいんだけど…


私の念願のファーストキス…って光もじゃない?


(なまえ)
あなた
光は初めてじゃないの?
源光
源光
俺も初めてっすよ
(なまえ)
あなた


まじか…。お互いにファーストキスか。


(なまえ)
あなた
光は、私とで良かったの…?
源光
源光
はい
源光
源光
なんも後悔はないっス


そんなキッパリ言われると照れるんだけど。



源光
源光
それに俺は、最初から先輩とって決めてたんで








はい?






NEXT▷▶︎