無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

546
2021/07/27

第4話

No.4
(なまえ)
あなた
Σ(๑ °꒳° ๑)ビクッᵎᵎ
源光
源光
なに驚いてんすか(笑)
(なまえ)
あなた
なんだ光か…
(なまえ)
あなた
心臓止まるかと思った…ハァハァ



びっくりしすぎて息が切れてきたじゃん。




源光
源光
全く、先輩は怖がりっすね
源光
源光
まぁ、そーゆーとこも可愛いすけど




はい、出ましたー。からかい上手の源さん。




(なまえ)
あなた
からかわないでよ
源光
源光
別にからかってないっすよ
源光
源光
本心ですもん




全く、また私のこと口説いてくるよ。




(なまえ)
あなた
言っとくけど、他の女の子にそんなこと言ったらダメだからね!
(なまえ)
あなた
たらしだと思われるよ
源光
源光
その心配はいらないっす
源光
源光
俺がこんなこと言うのは先輩だけっすから!




いや、そういう問題じゃないんだ。




源光
源光
あと、その「たらし」ってなんですか?
(なまえ)
あなた
はぁ、光はまだまだお子ちゃまだね
源光
源光
お子ちゃまじゃないっすよ
(なまえ)
あなた
へぇ、どうかな~?




こうなったら存分に煽ってやる。




源光
源光
ふ~ん



え、なに「ふ~ん」って。




頭の中を、はてなマークでいっぱいにしていると




ドンッ___。




(なまえ)
あなた
わっ、!













いきなり壁ドンされました。









え、なんで?




NEXT▷▶︎