無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

369
2021/08/05

第9話

No.9
(なまえ)
あなた
え、でも悪いよ
(なまえ)
あなた
私が頼まれたことだし…
源光
源光
なーに言ってんすか
源光
源光
こんな量を女の子1人に任せられないっすよ





くそ、かっこいいこと言いやがって。





源光
源光
にしても、多いっすね
(なまえ)
あなた
だね…





すると光はぐるっと私の方を向いた。



源光
源光
先輩、頑張りましょう👊
(なまえ)
あなた
そーだね👊




お互いグーパンチをし、気合を入れた。





~作業開始~







30分後___。





(なまえ)
あなた
ん~、疲れたぁ~




そう言って伸びをする。





源光
源光
この調子じゃ、あと2時間はかかりそうですね
(なまえ)
あなた
そーだね




空はすっかり茜色に染まっている。




終わる頃には暗くなってそうだな…。




すると…




源光
源光
痛っ
(なまえ)
あなた
え、怪我?!
源光
源光
はい…




どうやら紙で手を切ってしまったようだ。




地味に痛いんだよね、あれ。




(なまえ)
あなた
ちょっと待って




そう言って私は鞄の中から絆創膏を取り出す。




(なまえ)
あなた
手、出して



すると光は無言で切ってしまった人差し指を出してくる。




その指にくるくると絆創膏を貼ってやる。




(なまえ)
あなた
はい、いいよ
源光
源光
助かったっす
源光
源光
ありがとうございます
(なまえ)
あなた



そして私たちはまた作業に取り掛かる。






NEXT▷▶︎