無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話



あなたsaid

恭「おはよ」

謙『おはよー』

そう言っていつも家の前で待っていてくれる
幼なじみの2人

恭平は彼女がいるんだから彼女と行けばいいのに
朝の登校はこのメンバーがいいみたいで朝だけ一緒に行ってる


学校到着!!

女「きゃぁぁぁ!!」
「恭平先輩!!」
「長尾くん!!!!」

謙『うるさ((ボソッ』

[はいはい、そういうこと言わないの!!]

謙『だってほんまにうるさいやん』

[それは君のせいよ]

謙『うん知ってるw
てか、恭平囲まれちゃったねぇ〜w』

[それなw朝からお疲れ様です!って感じよw]

謙『置いてこ置いてこw』

[そうしよw]


教室




[今日も相変わらずの人気だよねw]

謙『みんな彼女いることわかっててやってるもんねw』

[てか、私も彼氏欲しいんだけどw]

謙『今さらすぎんか!?ww』

[言うて、謙杜もいないやんかw]

謙『じゃあ、寂しいもの同士付き合っちゃうか!!ww』

[冗談でもムリww]

謙『いや、酷ない???ww』
『俺は本気なんだけどな((ボソッ…』

[ん?なんか言ったー?]

謙『なーんも?』

[あっそw]

謙『つめたww』

[ww授業始まるからばいばーい]

謙『ばいばーい笑笑』