無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話


あなたsaid


昼だぁぁぁ!!

やっとお弁当が食べれr

男「あの!!少し話あるんですけどいいですか?」

は?せっかくお弁当食べようと思ったのに💢💢

[なんですか?]


男『えっと、、、ずっとあなたさんのことが好きでした!!
良ければ付き合って欲しいです!!』


「ゴメンなさい、私そういうこと考えてないんで」

男『そうなんですね、なんか、ごめんなさい
それじゃぁ』

タッタッタ🏃‍♀️

謙『モテモテですね〜w
さっきまで彼氏ほし〜っていってたあなたは、どこいったんだかw』

[見てたんかい!!そりゃ、断る口実作んなきゃじゃん!?w]


謙『あらあらかわいそうにww』

[てか、お腹すいた。早く食べたい!!]

謙『食べればいいやんww』


[いっっただっきまぁぁs]

恭「あなた達いた〜!」

[もう、タイミング悪すぎ!!]
[ご飯食べたいのに〜!!]

恭「なんかごめんww」

謙『恭平が謝ることじゃないよww』

恭『俺もそう思うw』

[は?なんか言った?]

『「言ってませんw」』