無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話



あなたsaid


( ̄□ヾ)ファ~よく寝たww

キーンコーンカーンコーン

(よっしゃ、帰りだァァァ!!)

謙『うるさいんだけどww』

(そんなんいいから早く恭平のとこ行って
帰ろや!!!)

謙『あーそういえば彼女さん心配だから
先帰るって言ってた』

(えっ、あ、そうなんだ...)

やっぱり彼女さん最優先なんだ
私じゃダメなのかな?
希望持っちゃダメなのかな?



この恋諦めた方がいいのかな


謙『なぁ!聞いとる!?』

(えっ?あ、ごめん(^_^; )
(なんの話ししてたっけ?)

謙『もぉぉ!ちゃんと聞いといてや!
タピりいかん?』

(えっ?あ、そんなことww)

謙『そんなことは酷いてww』

(いいよ!行こいこ!謙杜の奢りで!)

謙『えぇぇぇしょうがないなぁ〜 』

(よっしゃ!てか、なんだかんだ言って謙杜
毎回奢ってくれるよねww)

謙『それはあなたが可愛いからだし((ボソッ』

(んー?なんか言った?)

謙『べ〜つに〜ww』

(んー?なんか気になるwwとりま行こ!)

(LETSGO!!! )

謙『テンション高すぎなww』

(謙杜はやく〜!!)