第205話

205
2,227
2023/04/29 17:49
-ミナside-


目が覚めれば外は明るい。
時計は10:20。
横には久々に見る天使の寝顔。
ミナ
ミナ
可愛い。
その寝顔を写真におさめて、元々細かったけど…
それ以上に痩せ細ったあなたの下の名前のご飯(作り置きも含めて)作り。
冷蔵庫、勝手に開けるの悪いなぁって思いながら開けると一応食材は入ってる。
ミナ
ミナ
…お酒入ってる。
食材を出せば、隠されてるみたいに入ってた大量のアルコール類。
度数が高い物ばっかり…
ミナ
ミナ
はぁ……
とりあえず作り置きのおかずだけサッと作って、もう一度ベッドでまだ爆睡してるあなたの下の名前を見に行く。
ミナ
ミナ
ほんま、目離せへん。
出会った頃と同じような金髪。
優しく頭を撫でれば、ゆっくり開く瞳。
ミナ
ミナ
おはよう。
あなた
……うん。
ほんま目綺麗やなぁ…
それに、相変わらず寝起きは不機嫌そう。
ミナ
ミナ
朝ご飯、何食べたい?
あなた
…いらな
ミナ
ミナ
いらんはあかんよ。
ちょっとでいいから食べて。
あなた
……何でもいい。
何でもいいって1番困るよな?
けど、無理矢理にでも食べさせんと…
冷蔵庫に入ってた材料で作れるのって言ったら、サンドウィッチとスープくらいやな。
……待って?
二度寝してるやん!!
ミナ
ミナ
はぁ……
本日、2度目の溜息。
私が朝食のメニューを考えてる間に、また天使の寝顔に戻ってるあなたの下の名前。
仕方ない。
作ったら起こしに来よかな。


そのまま、1人でキッチンに向かう。
綺麗なキッチン。
全て統一された色の食器類。
澪さんが揃えた物やと思うけど、お洒落で料理中も楽しかった。
よし!
あとは、あなたの下の名前を起こすだけ。
二度寝やし、そこまで不機嫌ではないはず。
ミナ
ミナ
出来たでー?
あなた
……眠い。
ミナ
ミナ
眠いのは分かるけど、
頑張って起きて。
お!
珍しく起きた。
フラフラしながらリビングまで歩く後ろ姿を見守りながら後を追う。
ミナ
ミナ
軽めの物やから、ちょっとは
食べれるやろ?
あなた
…うん。
まだ半分寝てるけど、座ってくれた。
スープを盛れば、ちゃんと"いただきます"って手合わせてくれてる。
ミナ
ミナ
美味しい?
あなた
うん。
反応は薄め。
けど、珍しく完食してくれた。
それだけでめちゃくちゃ嬉しい。
あなた
洗い物する。
率先と洗い物してくれる。
それに、さすが元飲食店アルバイト。
いつ見ても手際がいい。
あなた
タバコ吸ってくる。
ベランダでタバコを吸う後ろ姿。
怒り、寂しさ、重圧…
今のあなたの下の名前が抱えてる物は、計り知れへん。
それを1人で無理して背負ってる……


その背中にギューって抱きつけば、半分くらい吸ったタバコを消してくれる。
ミナ
ミナ
半分しか吸ってへんだのに
消して良かったん?
あなた
うん。
服着替える。
珍しい。
タバコもやけど、用意するエンジンかかるのも早い。
いつもならダラダラしてるのに。
私も用意して、2人で玄関を……
あなた
……
無言で差し出された手。
びっくりして顔を見れば、目を晒された。
ミナ
ミナ
可愛い。
その手をぎゅっと握れば、優しく握り返してくれる。
少し前を歩くあなたの下の名前の背中は、さっきとは違って少し嬉しそう。


マンションを出て、ゆっくり歩いて20分ぐらいかな。
綺麗な公園が目の前に。
ミナ
ミナ
綺麗な所やな。
あなた
うん。
…ここ、落ち着けるからよく来る。
散歩しとたワンちゃんにめっちゃ懐かれて、楽しそうにしてる。
アメリカに来て、無理してないあなたの下の名前をやっと見れた気がした。

プリ小説オーディオドラマ