無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

中間淳太
あなたの下の名前ちゃーん
あなた
こんにちは!
中間淳太
俺、中間淳太っていうねん
みんなと同い年やねんけどおじさんに見えるって言われてんねん(笑)
あなたの下の名前ちゃんは、随分若々しく見えるな
あなた
ホントですか?ありがとうございます!
中間淳太
それにしても、随分オシャレさんやな
あなた
よく言われるんですけど何がいいんだか…(笑)
今日の服は!こちら!
中間淳太
ホンマにおしゃれやで?
あなた
ありがとう(笑)
中間淳太
よしっ!お花見しに行こうや
あなた
いいですね〜!どこにあるんですか?
中間淳太
ここらへんとかどう?
あなた
こっちのほうがきれいに咲いてるんちゃう?
中間淳太
こっちもええなぁ
あなた
ここ?
中間淳太
おん
あなた
そこにしよか
中間淳太
せやね
あなた
あなたの下の名前は、中間さんの事なんて呼べばいい?
中間淳太
淳太でええで
あなた
オッケー
よしっ!自分で敬語も外せたし名前も呼べるようになった!これからも頑張るぞ~!
中間淳太
レジャーシート持った?
あなた
持ったぁ~!
中間淳太
行くで~
あなた
待ってお酒!
中間淳太
そうや!忘れるとこやった(笑)
あなた
よしっ持った!
中間淳太
車俺が運転するな
あなた
よろしくおねがいします
中間淳太
はーい