無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

またサボっちった(*ノω・*)テヘ
同級生
同級生
おい、あなた。起きてるか?
それは、半年ぶりの中学の同級生からのLINEであった。
時刻は0:45を回っている
起きてるよ!!どした!?笑笑
同級生
同級生
ちょっと時間ある?
あるけど眠いんだけど笑笑
同級生
同級生
あぁ、笑
同級生
同級生
今一人?
うん。
それから10分返信が来なかった
あなた
え、何!?既読無視?笑笑








新着メッセージがあります。
あなた
やっときた、笑笑
同級生
同級生
俺お前のことずっと好きだったんだよ。俺と付き合ってくれないか?
あなた
……………………………………………………………………………………………………………………………!?!?!?!?
ねぇ、送るとこ間違えてるよあなただけどわかってる?
同級生
同級生
お前に言ってんだよ
無理か?無理だったら全然いいんだけどよ
いいよ
同級生
同級生
やっぱりそうだよな…
っっっ!?!?えっ!!
い い よ!!って!!
同級生
同級生
お前こそ送る相手間違ってないか?
へー、そんなこというんだー、笑
同級生
同級生
ごめんごめん
同級生
同級生
笑笑
同級生
同級生
でも、ほんとにいいのか?
いいよって、何回目?笑笑
お願いします!!
同級生
同級生
こちらこそ








セカオワ登場しなくてすみません。笑笑
次は絶対にでます。