無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

💊
🐹 side




ジン
ジン
あなた、僕たちに何を隠してるの?
僕の一言で空気が再び静まりかえって、7人の視線が一気にあなたに集まった。
you
you
ごっ、ごめんなさい……
you
you
ユンギ…オッパが事故にあったのは、私のせいなんです……
BTS
BTS
えっ……?
あなたの言葉の意味が分からずにみんな戸惑っている。
you
you
ごめんな…さいッ……、ごめんなさい……
泣きながら謝り続けるあなた。
ジン
ジン
ちゃんと説明してくれる?
you
you
はい……
震える声で話し始めたあなたに、耳を傾けた。















︙

















 
ジン
ジン
じゃあ……ユンギが軽い怪我で済んだのは神様からのお告げがあって、リングの力を使ったからってこと?
you
you
はい……
神様との出会いのこと、リングのこと、カプセルのこと、今回のユンギのこと、一通りあなたから聞いたけど……
ホソク
ホソク
その…なんて言うか……
you
you
分かってます…
you
you
急にこんなこと言われても信じられませんよね…
ナムジュン
ナムジュン
いや、あなたが嘘ついてるとかそういうことじゃないんだけど……
きっと皆んな同じ気持ちだと思う。





あなたを疑ってる訳じゃない。





だけどあまりに突拍子がなさすぎて、情報量が多すぎて、混乱してるんだ。
you
you
それも分かってます
you
you
みんなが信じようとしてくれてるのも分かってます
you
you
私だってこんなこと言われても信じられないと思います
you
you
でも、本当なんです
僕は事故の現場にもいてリングが光るのを見てたし、信じたい気持ちは山々なんだけど……
you
you
ユンギオッパ、顔の傷見せてもらっていいですか?
ユンギ
ユンギ
えっ、あぁ…?
突然立ち上がってユンギの右頬に被せられた大きなガーゼを取り始めたあなた。





あなたの行動の意味がわからないまま、慎重にはがされたガーゼの下に見えたのは


















痛々しい深い傷だった。
ユンギ
ユンギ
医者には、あとが残るだろうって言われました…
アイドルを目指す僕らにとって外見はやっぱり大切。





あとが残ると言われたとき、ユンギはどんな気持ちだっただろう…。
ユンギ
ユンギ
でも、メイクでどうにか……
you
you
治せます
BTS
BTS
えっ…?
you
you
私なら治せます
ユンギを見つめるあなたの目は真剣そのものだった。