無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

💊
your side


2012.12月





騒がしかった文化祭も、もう半年前の話。





寒さが身にしみるようになりつつも、みんなは変わらず練習漬けの日々を送っている。





みんなが目指しているのはただ一つ





"デビュー"すること。





身体は心配だけど、カプセルもあるし夢を忘れず心が健康なら大丈夫!





そう思っていたんだけど……
ユンギ
ユンギ
行ってくる…
心配な人が1人……。





ユンギオッパは文化祭が終わった直後から、学費のためのバイトを始めた。





学校に行って、帰ってきて練習、バイト。





ご飯を食べに戻ってきたと思ったらまたバイト…。





最後に食卓にユンギオッパがいたのはいつだろう…。





そんな調子。





カプセルの使用頻度も、みんなが約1週間に1度なのに比べて約3日に1度くらい。





たまらなくなって、私もメンバーも止めようとしたけど





"大丈夫"





この言葉でかわされてしまった。





いつかのジミンと一緒だ。





体よりも何よりも、ユンギオッパの心が心配。





ため息をついてる姿を見る回数も増えたし…。
あなた

ユンギオッパ…

あなた

みんな、心配してるよ……