無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🍅
あなた

どういうこと……?

あなた

私は死んだの……?

分からないことが多すぎて、戸惑うことしかできなかった。







???
???
そうだ…お主は死んだのだ……
突然どこからか聞こえてきた声。
あなた

誰……?

あたりを見回しても誰の姿も見当たらない。
???
???
上じゃ、上
あなた

上……?

言われたとおり、上を見上げると





いかにも神様……という感じの人?がいた。
あなた

えっ…神様……?

神様
神様
そうか、お主の世界ではそう呼ばれているんじゃな……
神様
神様
ところで、お主はこれを見てなんとも思わないのか?
神様にそう言われて言葉に詰まる。





何も感じないもなにも、自分の顔以外なにも分からずどうしようもない。
あなた

分からないんです……

あなた

覚えてない…と言ったほうがいいんですかね……?

あなた

とにかくこの人たちが誰なのか、私の身に何が起きているのか、何も分からないんです……

神様
神様
そうか…、記憶を失ってしまったんだな……
神様
神様
本当にすまなかった……
なんとも申し訳なさそうに顔を歪める神様。





どうして神様が謝るの……?
神様
神様
私のミスのせいでお主の大切な未来を奪ってしまって、本当にすまなかった……

















.
あなた

神様のミス……?