無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

💊
あなた side


2013.6.13





去年のクリスマスにデビューの発表があってから、今日のためにずっと頑張ってきたみんな。





BTSとしての初ステージは一発勝負の生放送。





かける思いが大きい分、緊張も大きいのだろう。





今日という今日は、さすがのみんなでも静かだ。

















    










……なんてことはなく、今日も今日とてうるさいㅋㅋㅋ





緊張はしてるだろうけど、それ以上に、デビューできること、ファンの皆様に会えることが嬉しい様子。





そんな本番前のみんなをカメラにおさめる私です。

ジミン
ジミン
ん?あなた、何のカメラ?
あなた

YouTube用!

ジミン
ジミン
じゃあ、挨拶しないと!
ジミン
ジミン
皆さん、アンニョ〜ン!僕は今、絶賛
グク
グク
ダイエット中です
ジミン
ジミン
……そうです!!ダイエット中です!!
睨むジミンと、笑うグクㅋㅋㅋ





いつも通りだㅋㅋㅋ





こんな調子で順番にみんなに、カメラを向けて、いよいよ出番15分前。
テヒョン
テヒョン
あなた!!ちゃんと見ててね!!
あなた

うん!!舞台そでで応援_____

ズキッ!!!!!





突然の激しい頭痛に体がふらつく。
ジン
ジン
あなた!!大丈夫!?
心配してくれるジニオッパと目があった瞬間、私の頭に、





ズボンが下がってきてうまく踊れなかった





とジニオッパが泣いている映像が流れた。
ユンギ
ユンギ
どうした?体調悪かったら無理せず、座っとけよ
ユンギオッパの声も耳に入らず、私はただただ混乱していた。





ジニオッパの衣装、周りの風景……ここと同じだった。





泣いているのは今日……?





でも、まだ出番は来てない……





何がなんだか分からないけど、念のためジニオッパに聞いてみることにした。
あなた

ジニオッパ…ちょっと踊ってみてください

ジン
ジン
えっ!?僕!?今!?
驚きながらも
ジン
ジン
そんなに僕のダンスが見たいのか〜///あなたが言うならしょうがないな〜///
なんて、いつものポジティブ思考で踊ってくれた。
ジン
ジン
どう?僕カッコいい?
あなた

はい!それと、ジニオッパ…ズボン緩かったりしません?ダンスしてたら落ちてくるとか…

ジン
ジン
う〜ん、言われてみればウエストちょっとゆるいかもな〜
ナムジュン
ナムジュン
念のため、スタイリストさんに応急処置してもらったらどうです?パフォーマンスに影響が出たらいけないし……
ジン
ジン
うん、そうするよ
急いでスタイリストさんのところへ行ったジニオッパ。
ホソク
ホソク
ジンヒョンの衣装のこと、なんで気づけたの?
あなた

なんとなくです!

さすがに、泣いてる姿が見えて念のため……なんて言えない。





自分でもあれが何なのかよく分からないし……。





ちゃんと分かったらみんなに言おうと決めて、今は黙っておくことにした。
ホソク
ホソク
そっか、さすがあなただ!!
あなた

ありがとうございます!




















そんなこんなで時間は刻、一刻と過ぎ、
BTS
BTS
行ってきます!!!!!!!
BTSがステージに立った。