無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

💊
your side





あなた

んっ……………

光の明るさに顔を歪ませる。
あなた

ん……?

目を開けると





私は一面真っ白な世界にいた。





上下左右、どこを見ても何もない。





ただ私の目の前には真っ白な空間がある。
あなた

ここ……

あなた

神様…?いるんですか…?

私はここを知っている。





カプセルとリングをもらったあの場所だった。
神様
神様
急げ……
神様
神様
お主の大切な人が危ない……
あなた

えっ……?

懐かしいのう…なんて言われると思っていたのに、神様は険しい表情をしていた。





そんな神様を見て誰のことを言っているのか一瞬で分かった。
あなた

ユンギオッパ……

あなた

ユンギオッパに何があったんですか!?

あなた

無事なんですか!?

掴みかかる勢いで、身を乗り出して神様に声を張り上げた。
神様
神様
まだ間に合う
神様
神様
大きなショッピングモールの近くの交差点じゃ
あなた

交差点……

心当たりがあった。
あなた

そこに行けばいいんですね!?

あなた

オッパは無事なんですね!?

神様
神様
あぁ、お主ならきっと助けられる
神様
神様
リングを忘れるなよ
重たくなっていくまぶた……





ぼやけていく視界……
あなた

ユンギオッパ……

オッパの名前をつぶやきながら、私の意識は途切れた。